ここから本文です。

更新日:2017年3月16日

認知症とは

「認知症」とは,「いったん正常に発達した知能(脳)に何らかの原因で記憶・判断力などの障害が起き,日常生活がうまく行えなくなるような病的状態」を言います。
原因としては「アルツハイマー病」や「脳血管障害」によるものが多く,高齢者の方に多く見られますが,単なるもの忘れとは違って,れっきとした脳の病気です。

認知症は,かつては「痴呆」や「ぼけ」などと呼ばれていましたが,この呼び名は蔑視的・侮辱的な意味を持つことから,ご本人やご家族のプライドを傷つけてきました。
また,言葉のイメージから「恥ずかしい病気だ」という誤った認識が持たれて,症状を隠したりする傾向があり,早期診断や早期発見を妨げてきました。
このため,厚生労働省が検討会を設けて広く意見を集めたところ,「痴呆」に代わる言葉として「認知症」という言葉が平成16年12月から正式に用いられるようになりました。

認知症の主な初期症状

認知症の症状は,本人はもちろん,周囲の人たちの気づかないところで徐々に進行しながら現れてきます。
次の項目は,認知症と診断された人の家族が,実際に気がついた日常生活の変化です。

  • 同じことを何度も言ったり,聞いたりするようになった
  • 置き忘れやしまい忘れが目立つようになった
  • 蛇口の閉め忘れやガスの消し忘れが目立つようになった
  • これまでの日課をしなくなった
  • 以前はあった興味や関心がなくなった
  • 時間や場所の感覚が不確かになった
  • 物の名前が出てこなくなった
  • だらしなくなった
  • ささいなことで怒りっぽくなった
  • 財布やお金,物などを「盗まれた」と言うようになった

「認知症」早めにご相談を!!

自分でできる認知症の気づき「チェックリスト」

※上記をクリックするとリーフレット,チェックリスト等のダウンロードページへ移ります。

中核症状と周辺症状

認知症の症状には,脳障害そのものが引き起こす「中核症状」と,環境変化や身体状況,介護者の関わり方などが関与して引き起こる「周辺症状」があります。

中核症状は必ず見られる症状ですが,周辺症状は必ず見られるわけではなく,個人差があります。
また,周辺症状は,周囲の接し方によっては改善することがあります。

【中核症状】

  • 記憶障害:最近の記憶や出来事,行動を忘れる
  • 見当識障害:現在の日付,時間,場所,人物などが分からなくなる
  • 失認:品物などが何か分からなくなる
  • 失語:物や人の名前が出てこなくなる
  • 失行:服の着方や道具の使い方が分からなくなる
  • 実行機能障害:段取りや計画がたれられなくなる

【周辺症状】

  • 妄想:財布や物が盗まれたなどと言う「もの盗られ妄想」など
  • 幻覚:現実には無いものを見たり聞いたりする(幻視が多い)
  • 不安・依存:いらいらして落ち着かなくなる,一人になると落ち着かない,一人ではいられない
  • 徘徊:道順を覚えられないことから道に迷う,目的もなく歩き回る(アルツハイマー病に多い)
  • 暴言・暴力:納得がいかないことなどがあると大声を上げたり暴力をふるう
  • 抑うつ:意欲の低下,何もしたくなくなる,気分が沈んで晴れ晴れしない
  • 介護拒否:入浴や着替えなどを嫌がる
  • 異食:食べられないものでも口にする
  • 不眠:夜眠れなくなる,反動で日中うたた寝をするようになる

認知症は早期発見・早期治療が大切

認知症は,早期診断・早期治療が何より大切です。
早く治療を始めることで,進行を遅らせることができたり,場合によっては症状が改善することもあります。また,中には認知症と間違われやすい病気(うつ病,せん妄など)の場合もあります。

「認知症かも?」と思ったら,早い時期に相談窓口に相談したり,医師の診察を受けましょう。

◆認知症の相談窓口→コチラをご覧ください

【認知症の種類(原因となる主な病気)】

アルツハイマー病

認知症の半数以上を占める代表的な病気。脳の中に「アミロイドβたんぱく」という物質が沈着することにより,脳の神経細胞が破壊され,記憶に関係する海馬や側頭葉後部などに萎縮が見られる。
記憶障害・見当識障害などの中核症状や,徘徊・妄想などの周辺症状が見られる。
早期治療により,症状の進行を遅らせることができる。

脳血管性認知症

脳梗塞や脳出血など脳血管障害(脳卒中)によって引き起こされる認知症で,全体の2割を占めると言われる。
脳卒中の発作等を繰り返すごとに症状が階段状に進行する。

レビー小体型認知症

もともと,パーキンソン病の人の脳幹部に出現することが知られていた「レビー小体」という物質が,大脳皮質に出現することによって,認知機能を障害するもの。
特徴的な症状として,幻視や,パーキンソン症状(筋肉のこわばり)による歩行困難などがあげられる。

前頭・側頭型認知症(ピック病)

前頭葉や側頭葉前方の萎縮が目立ち、次の様な特徴的な症状を示す疾患群のこと。
発症率は他の認知症より低いが,アルツハイマー病より若年期(65歳以下)に発症することが多い。
ピック病とも呼ばれ,記憶障害よりも人格障害(人が変わったようになる,反社会的な言動を示すなど)が強い。

認知症になりにくくする心がけ

認知症は,誰にでも起こりうる脳の病気であることから「予防できない」と思われがちですが,毎日の生活の中で次のような点に気を配ることによって,ある程度発症や進行のリスクを抑えられると言われています。

※茨城県認知症啓発リーフレット「認知症って何?」より

【食事や運動など,生活習慣病の予防を心がけましょう】

認知症のおよそ2割を占める脳血管障害(脳梗塞・脳出血・脳動脈硬化など)による認知症の場合は,高血圧や高脂血症,肥満などの対策をとることが有効です。

また,認知症の半数以上を占めるアルツハイマー病でも,生活習慣病対策が発症のリスクを減らすことが示されています
つまり,食事や運動,睡眠など,生活習慣に気を配ることで,認知症になりにくくすると共に,認知症の発症や進行を遅らせられると期待されます。


●さんまなどの青魚には,血液をサラサラにするEPA(エイコサペンタ塩酸)イラストさんま焼魚
や神経細胞に良いDHA(ドコサヘキサ塩酸)などが多く含まれています。

イラスト体操をするおじいさんとおばあさん
●脳の栄養源は,ご飯などの「糖質」です。特に,ご飯は分解吸収がゆっくりなので腹持ちがよく,肥満や糖尿病の予防にも役立ちます。


●適度な運動は,生活習慣病を予防し,脳内の血液量を増やします。体操やウォーキングなど手軽なものから始めてみましょう。

【意識して脳を使うことで,脳の活性化を図りましょう】

脳を使わないこと(廃用)が認知症の発症や進行を早めます。それだけに,日頃から脳を活性化させることが大切です

脳を活性化させるにはいろいろな方法がありますが,大切なのは「楽しく行う」こと。
音読や計算などの「学習」,トランプやマージャンなどの「ゲーム」が,脳を活性化させるのはいうまでもありませんが,絵を描いたり歌をうたうなどの「趣味活動」,さらには仲間と一緒に昔の遊びや仕事について語る事なども,脳に刺激を与えます。

また,一人で行うより家族や仲間と一緒に行うことが大切です。
コミュニケーションづくりにも役立つばかりでなく,「楽しい」「うれしい」といった感情が伴えば,効果はさらに高まります。これらが総合的に作用して,認知症予防につながるのです。

認知症の人への接し方

認知症の人の介護は,その対応に苦労する場合が多いものです。徘徊,もの盗られ妄想,問題行動などで,心身共に疲れ果ててしまうという声もよく聞かれます。
しかし「認知症の人は何もわからない」というのは誤りで,認知症になった事で,誰よりも悲しみ傷ついているのは本人です。問題行動と言われる症状にも,本人の不安や動揺など,何らかのメッセージが隠れている事が多いと言われます。

以下のような姿勢で穏やかな気持ちで接することによって,周辺症状も和らぎ,本人も家族(介護者)も落ち着いた毎日を過ごしていくことができるのです。

【介護者の基本的な姿勢】
認知症の世界を生きる『生身のその人』を理解する

●ポイント1:同じ人間として接する
●ポイント2:その人の生きてきた時代を知ろうとする
●ポイント3:認知症になるまでの当たり前の生活を大切にする
●ポイント4:自分自身のからだの仕組みを知って認知症の人のからだを守る
●ポイント5:自分自身もいずれは高齢者になるという自覚を持つ
●ポイント6:介護者自身の限界(一人ではできないということ)を知る

※茨城県認知症介護普及パンフレット「認知症を理解するために」より


◆症状に対する具体的な対応方法など詳しい内容については,茨城県認知症介護パンフレット「認知症を理解するために」(PDF:2,982キロバイト)のページをご覧下さい

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部長寿福祉課地域ケア推進室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3332

FAX番号:029-301-3348

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?