ホーム > 茨城で暮らす > 福祉・子育て > 介護保険 > 事業者届出関係 > 利用者負担の一部変更に伴う変更届の取扱いについて

ここから本文です。

更新日:2018年9月3日

利用者負担の一部変更に伴う変更届の取扱いについて

介護保険法(平成9年法律第123号)及び関係政省令の一部改正に伴い,平成30年8月1日から一定以上所得のある利用者については,利用者負担が3割に変更されます。

このため,運営規程で「利用料を1割又は2割負担」と明記している事業については,該当箇所を修正する必要があります。(記載例を参照)

各事業者におかれましては,運営規程の該当箇所を修正するとともに,負担割合が変更される利用者等には,利用料変更について説明を行うなど適切な対応をしてください。

なお,本件については,国の制度改正に伴った変更であることから,指定内容変更届出書の提出は不要とする取扱いとします。

【参考】運営規程の記載例

(事業の内容及び利用料等)
第〇条事業の内容は次に掲げるものとし,事業を提供した場合の利用料の額は,厚生労働大臣が定める基準によるものとし,当該事業が法定代理受領サービスであるときは,利用者から本人負担分の支払いを受けるものとする。

介護保険制度の概要(厚生労働省)(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部健康長寿福祉課介護保険指導・監査

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3343

FAX番号:029-301-3348

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?