ホーム > 茨城で暮らす > 福祉・子育て > 介護保険 > 地域ケア推進室(旧介護保険室)について > 感染性胃腸炎の流行に伴うノロウイルスの感染予防対策の啓発について

ここから本文です。

更新日:2016年12月6日

感染性胃腸炎の流行に伴うノロウイルスの感染予防対策の啓発について

感染性胃腸炎の患者発生は,例年12月中旬頃にピークとなる傾向があり,本県でも,ノロウイルスが原因と思われる感染性胃腸炎の集団感染が増加しています。この時期に発生する感染性胃腸炎のうち,特に集団発生例の多くは,ノロウイルスによるものであると推測されており,ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒の発生動向には注意が必要となります。
つきましては,ノロウイルスによる集団感染や食中毒の発生防止対策等の対応について,厚生労働省及び茨城県保健福祉部保健予防課,生活衛生課から別添のとおり周知依頼がありましたので,お知らせします。
なお,施設・事業所内における集団感染の兆候が見られた場合には,管轄の保健所への速やかな報告が徹底されるようお願いします。

県通知(PDF:75KB)

厚生労働省通知(PDF:104KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部長寿福祉課地域ケア推進室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3343

FAX番号:029-301-3348

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?