ホーム > 茨城で暮らす > 福祉・子育て > 介護保険 > 地域ケア推進室(旧介護保険室)について > 介護保険サービス事業所等における吹付けアスベスト(石綿)及びアスベスト(石綿)含有保温材等使用実態調査の実施について

ここから本文です。

更新日:2017年1月10日

 

介護保険サービス事業所等における吹付けアスベスト(石綿)及びアスベスト(石綿)含有保温材等使用実態調査の実施について

労働安全衛生法施行令及び石綿障害予防規則が平成18年に一部改正され、規制の対象となる「石綿を含有する製剤その他の物」について、石綿をその重量の「1%を超えて含有するもの」から「0.1%を超えて含有するもの」に範囲が拡大となっております。

このたび、総務省行政評価局からの指摘を受け、利用者及び職員等の安全対策に万全を期すために、厚生労働省において、改めて社会福祉施設等における吹付けアスベスト(石綿)及びアスベスト(石綿)含有保温材等使用実態調査を実施することとなりましたので、下記及び関係書類等を参照のうえ、調査票にてご回答をお願いいたします。

 

通知(居宅サービス,介護老人保健施設向け)(ワード:18KB)

 

対象事業所(高齢者施設)

  • 茨城県長寿福祉課施設指導グループあて回答する事業所・施設 養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人ホーム(A型、B型、ケアハウス)、有料老人ホーム(サービス付き高齢者向け住宅除く)、地域密着型特別養護老人ホーム
  • 茨城県長寿福祉課地域ケア推進室介護保険指導・監査グループあて回答する事業所・施設 通所介護,短期入所生活介護、介護老人保健施設、訪問看護ステーション(みなし除く)、サービス付き高齢者向け住宅

調査票

(1)社会福祉施設等における吹付けアスベスト等及び含有保温材使用実態調査票(施設個票)(様式1-1)(エクセル:21KB)

※平成18年8月31日以前に建物の建築工事に着手した建築物で事業を行う事業者が回答してください。

(2)社会福祉施設等におけるアスベスト使用実態調査に係るばく露のおそれのある施設調査票(施設個票)(様式1-2)(エクセル:19KB)

※(1)の調査票(様式1-1)でばく露のおそれのある施設に該当した場合に回答してください。

(3)建物に係る調査票(様式2)(エクセル:14KB)

※平成18年9月1日以降に建物の建築工事に着手した建築物で事業を行う事業者が回答してください。

注意点

  • 特養や有料老人ホームに併設していたり,同一建物内で県指定の複数の介護保険事業所が所在する場合も,サービスごとに,一つの調査票にまとめて記載することとし,行数が不足する場合は適宜追加してください。

※特養,有料老人ホーム(サービス付き高齢者向け住宅を除く),養護老人ホーム,軽費老人ホームに併設している事業所につきましては,調査票を茨城県長寿福祉課施設指導グループあて送付してください。

 調査時点

平成28年12月1日時点

提出方法

調査票を記入の上,FAXまたはメールにて送付願います。

茨城県長寿福祉課施設指導グループ

FAX:029-301-3349

Email:chofuku3@pref.ibaraki.lg.jp

茨城県長寿福祉課地域ケア推進室介護保険指導・監査グループ

FAX:029-301-3348

Email:chofuku6@pref.ibaraki.lg.jp

提出期限

平成29年2月3日(金曜日)

関係書類

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部長寿福祉課地域ケア推進室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3343

FAX番号:029-301-3348

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?