ここから本文です。

中東呼吸器症候群(MERS)について

MERSウイルス

電子顕微鏡写真:MERSコロナウイルス
(国立感染症研究所ホームページより)

2012年に初めて確認された新種のコロナウイルス(MERS-CoV)による感染症です。主に中東地域から患者が報告されており,その他の地域では,すべて中東地域で感染した人(輸入症例)もしくはその輸入症例患者と接触した人であることがわかっています。

  • 病原体:MERS(Middle East Respiratory Syndrome)コロナウイルス
  • 潜伏期間:2~14日(中央値は5日程度)
  • 症状:主な症状は,発熱,咳,息切れなどです。下痢などの消化器症状のほか,多臓器不全(特に腎不全)や敗血性ショックを伴う場合もあります。MERSに感染しても,症状が現われない人や,軽症の人もいますが,特に高齢の方や糖尿病,慢性肺疾患,免疫不全などの基礎疾患のある人で重症化する傾向があります。
  • 感染経路:ヒトコブラクダがMERSウイルスの感染源動物の一つであるとされていますが,その一方で,患者の中には動物との接触歴がない人も多く含まれています。家族間や,医療機関における患者や医療従事者間など,濃厚接触者の間で限定的なヒト-ヒト感染が確認されています。

〈県民の方へ〉中東呼吸器症候群(MERS)について(PDF:625KB)

発生状況

地球儀

主にサウジアラビアやアラブ首長国連邦等の中東地域から患者が報告されています。中東地域以外のヨーロッパやアフリカ,アジアからの報告もありますが,これらはすべて,中東地域で感染した人(輸入症例)もしくはその輸入症例患者と接触した人であることがわかっています。韓国での報告例も中東地域からの輸入症例であり,その後医療機関等で感染が拡大しています。

予防と対策

現在のところMERSに対するワクチンや特異的な治療法はありません。
今後発生地域を訪れる際には,渡航前の流行状況の確認や渡航中の注意点等をご確認下さい。
中東に渡航する方へ<中東呼吸器症候群に関する注意>(外部サイトへリンク)

感染拡大を防ぐために

MERS発生地域を渡航された方で,発熱や咳等呼吸器症状がある方は,入国時に検疫所の検疫官に申し出て下さい。また,帰国後14日以内に発熱や咳などの症状がみられた場合は,直接医療機関には行かずに最寄りの保健所に連絡して下さい。

参考)MERS疑似症患者の定義は,以下のとおりです。

MERS疑似症患者の定義(平成27年6月5日)

当分の間、医師が、下記のア、イ又はウのいずれかに該当する者を診察した結果、他の感染症又は他の病因によることが明らかでなく、症状や所見からMERSへの感染が疑われると診断した場合には、MERS疑似症患者として届け出ること。

ア.38℃以上の発熱及び咳を伴う急性呼吸器症状を呈し、臨床的又は放射線学的に肺炎、ARDSなどの実質性肺病変が疑われる者であって、発症前14日以内に対象地域(※)に渡航又は居住していた者
イ.発熱を伴う急性呼吸器症状(軽症の場合を含む。)を呈する者であって、発症前14日以内に対象地域(※)において、医療機関を受診若しくは訪問した者、MERSであることが確定した者との接触歴がある者又はヒトコブラクダとの濃厚接触歴がある者
ウ.発熱又は急性呼吸器症状(軽症の場合を含む。)を呈する者であって、発症前14日以内に、対象地域であるか否かを問わず(※1)、1.MERSが疑われる患者(※2)を診察、看護若しくは介護していた者(※3)、MERSと疑われる患者と同居(MERSが疑われる患者が入院する病室又は病棟に滞在した場合を含む。)していた者又はMERSが疑われる患者の気道分泌液若しくは体液等の汚染物質に直接触れた者

対象地域:アラビア半島又はその周辺諸国
※1「対象地域であるか否かを問わず」とは、当分の間、「対象地域及び韓国」を対象にする。
※2「MERSが疑われる患者」とは、対象地域及び韓国においてMERSと診断された者及びMERSが疑われる有症状者とする。
※3「診察、看護若しくは介護していた者」とは、医療従事者又は介護従事者等であって、医療機関等において、診察、看護若しくは介護などで日常的に患者と接触する機会がある者とする。この場合の「接触」とは、対面で会話することが可能な距離(2メートルを目安とする。)にいることをいい、単にすれ違うといった軽度の接触のみでは対象とならない。なお、医療従事者等であっても標準的な感染防護具(サージカルマスク(エアロゾル発生の可能性が考えられる場合は、N95マスク)、手袋、眼の防護具、ガウン)を適切に着用していた者は、これに含まれない。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部衛生研究所企画情報部

茨城県水戸市笠原町993-2

電話番号:029-241-6652

FAX番号:029-243-9550

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?