ここから本文です。

更新日:2019年9月5日

RSウイルス感染症について

RSウイルス感染症とは

RSウイルスの感染による呼吸器の感染症であり,毎年冬季に流行します(図1)。今年は例年よりも早く患者の報告が増加しています。

概要

病原体:RSウイルス
生後1歳までに半数以上が,2歳までにほぼ100%の児が1度は感染するとされています。大人になってからも何度も感染と発病を繰り返します。

症状

潜伏期間:4~5日
多くは発熱,咳や鼻汁などの症状のみですが,重くなる場合には呼吸困難などの症状が出現し,場合によっては細気管支炎,肺炎へと進展します。
乳期,特に乳児期早期(生後数週間~数カ月間)に初感染し,発症した場合は重くなりやすいといわれており,細気管支炎,肺炎など重症化することがありますので注意が必要です。

感染経路

患者との濃厚接触や手指や物を介しての感染,感染している人の咳やくしゃみ等の際に飛び散るしぶきを吸い込むことによる感染等があります。
乳幼児から成人まで感染するため,家族内で感染が拡がりやすいとされています。そのため,咳等の症状が現れた際には飛沫感染対策としてマスクを着用し,接触感染対策としてよく手の触れる場所や物(手すりやドアノブ,おもちゃ等)についてはアルコールを用いて消毒を行いましょう。

予防方法

  • 「手洗い」うがい」をしっかり行いましょう。
    手洗い
  • 咳などの症状がある時は,マスクを着しましょう。(咳エチケット)
    マスクの着用(咳エチケット)

参考

RSウイルス
図1.本県と全国の報告数の推移(平成28年9月18日現在)
年齢別グラフ
図2.年齢群別報告数(平成28年9月18日現在)

症状が現れた場合は,医療機関を受診しましょう。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部衛生研究所企画情報部

茨城県水戸市笠原町993-2

電話番号:029-241-6652

FAX番号:029-243-9550

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?