ここから本文です。

更新日:2019年7月18日

手足口病に気をつけましょう

手足口病とは

ウイルス部トピ(手足口病)4ウイルス部トピ(手足口病)1手足口病とは手や足,口の中に痛みを伴う小さな赤い発疹(ぶつぶつ)ができる感染症です。発疹はひじやひざ,おしりにできることもあります。

5歳までの子どもに多く,夏に流行します。

ほとんどの方は症状が軽いため,数日から1週間で治りますが,ごくまれに髄膜(脳を覆う膜)や脳に炎症を起こすことがあります。

病気の原因となるウイルスは主にエンテロウイルス属です。エンテロウイルス属にはいろいろな種類があり,エコーウイルス,コクサッキーウイルス,エンテロウイルスなどが含まれます。

感染経路

くしゃみ,咳などから感染する飛沫感染,発疹などを触った手を介して感染する接触感染,糞便中のウイルスが口に入り感染する糞口感染が挙げられます。

一度手足口病にかかった場合,同じ種類のウイルスが原因で再びかかることはありません。しかし,手足口病の原因となるウイルスにはたくさんの種類があるため,別のウイルスによって再度かかってしまうことがあります。

ウイルス部トピ(手足口病)3

気をつけること

手足口病には特別な治療法はありません。痛みを和らげるなど,状況に応じた治療が中心となります。症状が重い場合はすぐに医療機関を受診しましょう。

口の中に発疹ができると,食事がとれず,脱水症状を起こすこともあります。柔らかい薄味の食べ物を食べること,水分をこまめにとることが大切です。

ウイルス部トピ(手足口病)6ウイルス部トピ(手足口病)2

予防するには

予防のための有効なワクチンや予防薬はありません。日頃から石けんを使った手洗いをしっかり行い,清潔に保ちましょう。爪の間,指と指の間は汚れが残りやすく,特に子どもは手洗いが不十分な場合があるので気をつけましょう。

手足口病は症状が治まった後もしばらく(2~4週間くらい)の間,喉や糞便中にウイルスが排出されます。トイレや糞便の処理後は必ず手洗いを行う,手を拭くタオルは他の人と共用しないなど気を付けることが大切です。

ウイルス部トピ(手足口病)5ウイルス部トピ(手足口病)7

衛生研究所の取り組み

衛生研究所では県内保健所や医療機関の協力のもと,手足口病の原因ウイルスを探るための検査を行っています。

平成29年度は23症例の手足口病の検査を行い,19症例からウイルスを検出しました。

検出されたウイルスは,コクサッキーウイルA6,エンテロウイルス71,エコーウイルス9,エコーウイルス30などでした。

ウイルス部トピ(手足口病)8

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部衛生研究所ウイルス部

茨城県水戸市笠原町993-2

電話番号:029-241-6652

FAX番号:029-243-9550

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?