ホーム > 茨城で暮らす > 福祉・子育て > 人権 > ビデオの貸し出し(人権全般1)

ここから本文です。

更新日:2018年3月1日

ビデオの貸し出し(人権全般1)

<<ビデオ一覧(インターネット)ビデオ一覧(人権全般2)>>

ビデオ一覧(人権全般その1)

番号 タイトル名 収録時間 内容コメント
32 明子のハードル 41分 2の明子は母子家庭ゆえに差別されていると思ってきた。親友をめぐって起きた事件を契機に自分と母も差別する心を持っていたことに気づき改めていくドラマ。
68 明日があるから 29分 男の癖に…」「女だてらに…」これらの先入観が同和問題をはじめあらゆる差別を生み出していく。これらの先入観を払拭することの大切さを考える。
47 あしたの足音 46分 家柄や旧家意識にこだわり娘の結婚に反対してきた父親が自分の心に潜む差別や偏見に気づくまでの心の軌跡を描く。
72 人権ってなあに1
(入門篇)

あなたへのメッセージLiving together

41分 界で活躍する5人…落合恵子・吉田レイ子・永六輔・江橋崇・おすぎが語る人権メッセージ。
80 人権ってなあに7
(メッセージ篇パート2)

あなたへのメッセージ

44分 界で活躍する5人…東ちづる・川田龍平・星野昌子・中坊公平・白井貴子が語る人権メッセージ。
95 一分のすきもなく武装して

世界にはびこる小型兵器の現状

28分 ワールドメディアフェスティバル金賞受賞作品。これまで注目される機会が少なかった小型武器(銃、斧、鉈など)に焦点を当てています。
69 風かよう道 35分 古い因習にとらわれている主婦とその家族を通して占い、けがれなどが差別意識を形成することを提起し、コンピュータを悪用した同和問題の差別をからめて描かれている。
147

家族の中の人権
カラフル

31分 両親と人生の巣立ちのときを迎えた子どもたちの会話を通じて、家族の中にある人権課題を取り上げた作品。
154 家庭の中の人権
生まれ来る子へ
25分 家庭の中の人権に目を向けて,祖父母と孫夫婦の会話を通して,私たちの身の回りにある人権問題をクローズアップ。
111 企業と人権 30分 個人情報、男性・女性、障害者、外国人、部落差別など企業のなかの人権課題を取り上げたシリーズ第1弾。
156 企業と人権 40分  近年,セクハラやパワハラなどの問題が社会から注目を集めています。そのため,人権尊重の考え方を積極的に企業方針に取り入れたり,職場内での人権に関する研修を行う企業が増えてきています。このような企業向けに実施する研修会で活用しなすいドラマや取材,解説を交えた内容となっている。
29 虚構 56分 社会の差別意識に抗えず、流されてしまう一人の青年の苦悩と生き様を描きながら、その姿勢を叱咤し、立ち直らせようとする友情の絆。
43 空転 55分  
9 久美の願い 30分 差別意識がどのような形で人々の中にしみこんでいるのかを、一人の中年男性の例を通して見つめ、そのような差別意識をなくすためには、周囲の人たちがどのように対応していかなければならないかを考える。
58 雲が晴れた日 53分 母の介護問題がきっかけで、さまざまな偏見差別に気づき克服していく一家を通じて「共生」「人権」を身近なものとしてとらえる。
65 心のメガネ曇っていませんか? 20分 日常生活の中に見られる思い込み、偏見の事例を紹介しながら、それらが形成される要因を考える材料を示した作品。
57 心ひらくとき 55分 人が幸せになる権利」と言う視点から人権問題の取材を進める女性記者。自分も妊娠という出来事を通じて心のあり方、生き方を考えるようになる。
10 言葉と差別 18分 言葉は、時には、つぶてと化して人の心を叩き、時には、鋭い刃物となって命までも奪う。言葉が持つ背景を探り、人権との接点を明らかにする。
108 この空の下で(アニメ) 42分 い住宅地に住む4人家族が住民間の偏見や壁をなくし、育児や介護など、それぞれの悩みを分かち合い、ともに生きる「まち」を創るために物語ったアニメーション映画。
118 CSRって何ですか? 24分 なぜCSRが注目されているのか。CSRの本質とは。
63 翔太のあした 54分 らしさ、女らしさって何だろう。学校や職場、家庭内での何気ない会話や行動の中に見える人々の意識について、小学生の翔太の日常を通して考える。(3部オムニバス)
13 自立する 50分 差別に対する本音と建前を問題にし、自立と連帯を大切にした生き方の創造が差別の解消につながると説く。
110 人権感覚のアンテナって?

人権侵害・差別がみえてくる

39分 知らない」「見えない」「考えない」から生み出される誰もが陥りやすい落とし穴。人権感覚のアンテナを張り、日常生活における意識と行動を見直す。ドラマ部と解説部で構成。
103 人権入門

日常から考える10のヒント

23分 凡な男性サラリーマンの一日の出来事を通して、「社会の常識」への疑問、身近なセクハラ問題、外国人への偏見など、地域、家庭、職場などにおけるさまざまな人権問題への気づきを促す。
139 新・人権入門 25分 複雑化する人権課題は、する側、される側の認識を曖昧なものにしていきます。それは無意識のうちに相手を傷つけかねないということです。本作はドラマパートと、それを演じた俳優たちがそのシーンを振り返るパートの2部構成になっています。
101 人権の扉をひらく

気づいてますか?身近な人権

25分 「思い込み」の壁(ジェンダーを中心に)。「差別」と「偏見」の背景。パワハラと同調の弊害。
148

人権のヒント地域編
「思い込み」から「思いやり」へ

25分 の喫茶店「カフェ・ヒューマンライツ」のママのことろに、さまざまな思いをいだいた人々が集まってくる。その交流のなかから、「人権のヒント」を考え、それぞれの違いを思いやる心の大切さを理解していく作品。
11 住井すゑ十歳の人間宣言 90分 季の森会館での出版記念講演。
92 世界中のすべての人々のために

人権宣言のできるまで

30分 世界人権宣言」を作成するために、国際社会がどのようにして言葉、文化そして冷戦の障壁を乗り越えてきたかを教えてくれる。
88 戦争の傷あと

Legacies of War

31分 ワールドメディアフェスティバル銀賞作品。戦争が残した傷あとと向き合い、そこから立ち直ろうとする市民たちのドキュメンタリーです。
82 人権ってなあに9
(野宿生活者篇)
温もりある社会を

野宿生活者とともに

40分 業の倒産、リストラ、雇用形態の変化、そして家庭崩壊、弱者虐待など社会的要因によるもので、年々増加の一途をたどっている。野宿生活者の現状や前向きに生きようとする姿、彼らを仲間として支える市民の活動や、行政の取り組みを照会し、温もりある地域社会のあり方を探る。
90 根っこのルール 37分 社会の中にはルールがあり、その中で最も重要なルールは人権です。人権は、社会生活の基本というべき根っこのルールです。ルールは私たちがお互いに生きていくために不可欠なものです。そこで根っこのルール「人権」を同和問題を切り口に考えてみましょう。

 

<<ビデオ一覧(インターネット)ビデオ一覧(人権全般2)>>

貸し出し一覧へもどる

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部福祉指導課人権施策推進室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3136

FAX番号:029-301-3138

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?