ホーム > 平成28年度茨城県医療施設スプリンクラー等緊急整備助成事業について

ここから本文です。

更新日:2016年12月27日

平成28年度茨城県医療施設スプリンクラー等緊急整備助成事業について

  有床診療所等医療施設の防火対策を推進するため,スプリンクラー等の整備に係る助成事業を実施しております。

 国の平成28年度第2次補正予算が成立したことを受け、当該事業を追加実施します。

 本事業の活用を希望される場合は,下記により事業計画書等を提出願います。

1.対象施設

  診療所,病院,助産所のうち病床又は入所施設を有している棟

※平成26年10月に交付された消防法施行令の一部を改正する政令(平成26年政令第333号)等により新たに下記2に掲げる整備を実施する義務の生じた施設,若しくは設置する義務は生じていないが,防災対策のために自主的に整備を実施する施設が下記2に掲げる整備を行うものに対して交付します。

 なお,既存の設備を更新する場合は対象となりません。

2.補助事業内容

 

区分 基準額 対象経費
スプリンクラー施設整備

当該施設の整備対象面積に,次に掲げる基準単価を乗じた額とする。対象面積

1平方メートルあたり17.5千円

スプリンクラー(パッケージ型自動消火設備を含む)整備のために必要な工事費又は工事請負費
自動火災報知設備整備

自動火災報知設備を新設する場合

1施設当たり1,030千円

自動火災報知設備整備のために必要な工事費又は工事請負費
火災通報装置整備

火災通報装置を新設する場合

1施設当たり310千円

※警察等へ通報される非常通報装置機能も兼ね備える場合には,上記基準額に68千円を加算した額

火災通報装置整備のために必要な工事費又は工事請負費

3.事業計画書等の提出

 

提出書類 (1)申請書(様式1)(ワード:33KB)

(2)事業計画書(様式2)(エクセル:104KB)

記載例1スプリンクラー整備(PDF:67KB)

記載例2スプリンクラー整備(PDF:57KB)

記載例3自動火災報知設備,火災通報装置整備のみ(PDF:53KB)

※非常通報装置としての機能を併せ持つ火災通報装置を設置する事業計画書は、事業者が所轄の消防機関に相談し,了解を得たうえで提出してください。

(3)補助対象面積が読み取れる整備図面

(4)対象経費の算出根拠を示した見積書(工事内訳書を含む。)

  ※見積書は出来るかぎり2社

    ※(3)及び(4)は,スプリンクラー,自動火災報知設備,火災通報装置ごとに,スプリンクラーに                                                                              

   ついては,さらに棟ごとに分けて作成してください。

(5) 非常通報装置としての機能を併せ持つ火災通報装置を設置しようとする場合は、その機能を備えていることが確認できる資料(カタログ等)

提出部数 3部
提出期限 平成29年2月20日(月)
提出先 【有床診療所・入所施設を有している助産所の提出先】

当該施設を管轄する保健所宛て

保健所からの通知文書等で確認してください。

【病院の提出先】

〒310-8555水戸市笠原町978―6

茨城県保健福祉部厚生総務課医事・情報G宛て

実施要綱等

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部医療政策課医療計画

水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3124

FAX番号:029-301-3199

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?