ここから本文です。

更新日:2016年3月24日

小児慢性特定疾病医療の給付

小児慢性特定疾病医療給付について

茨城県では、国が指定した小児の難病について医療費の一部を公費で補助しています。

(市町村民税の課税状況に応じ、毎月の自己負担額が生じます)小児慢性特定疾病のうち、特定の疾病については、その治療が長期間に亘り、医療費の負担も高額になることから、それらの疾病に関する治療の確立と普及を図り、併せてご家庭の医療費の負担軽減に資することを目的としています。[児童福祉法第19条の3第3項]

助成対象

医療費の助成が受けられるのは、承認された疾病のうち保険の適用となるものに限られます。認定された疾病に関わりのない治療(ケガや虫歯の治療など)や保険適用外のサービス(差額ベッド代・文書料など)は対象になりません。また、認定された疾病で保険適用となるものであっても、助成の対象外となるものもあります。(例:診療情報提供料)

申請方法

小児慢性特定疾病に該当すると診断されましたら、下記の方法により住所地を管轄する保健所へ申請してください。

申請について(いばらき結婚・子育てポータルサイトへリンク)

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部古河保健所健康指導課

茨城県古河市北町6番22号

電話番号:0280-32-3021

FAX番号:0280-32-4323

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?