ここから本文です。

更新日:2017年8月14日

指定薬物

指定薬物の所持規制について

平成26年4月1日から指定薬物の所持規制がはじまります


平成26年4月1日から指定薬物の所持規制がはじまります。

  • 薬事法に規定する指定薬物による保健衛生上の危害の発生を防止するため,平成26年4月1日より,指定薬物の所持,購入,譲り受け,使用(※医療等の用途を除く)が禁止されます。
  • これに違反した場合,3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金となります。
  • 研究者及びその他の者が,指定薬物を医療等の用途以外のために所持している場合は,平成26年3月31日までに,焼却等回収することが困難となるような方法で廃棄してください。

医療等の用途とは


以下に掲げる疾病の診断,治療又は予防の用途及び人の身体に対する危害の発生を伴うおそれがない用途として,厚生労働省令で定めるもの


1.次に掲げる者における学術研究又は試験検査の用途

  • 国の機関
  • 地方公共団体及びその機関
  • 大学及び高等専門学校並びに大学共同利用機関
  • 独立行政法人及び地方独立行政法人


2.薬事法第69条第3項に規定する試験の用途
3.薬事法第76条の6第1項に規定する検査の用途
4.犯罪鑑識の用途
5.厚生労働大臣が人の身体に対する危害の発生を伴うおそれがないと認めた用途


詳細は,常陸大宮保健所衛生課にお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部常陸大宮保健所衛生課

茨城県常陸大宮市姥賀町2978-1

電話番号:0295-52-1159

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?