ホーム > 茨城で暮らす > 生活 > 動物・ペット > よくある問い合わせ

ここから本文です。

更新日:2016年3月22日

よくある問い合わせ

 

犬について

  1. 犬を飼うには届出が必要ですか。
  2. 不妊・去勢手術をしたほうがよいと聞いたのですが、なぜですか。
  3. 犬が行方不明になってしまった。
  4. 飼い主のわからない犬が家の周りを徘徊しているので、捕獲してほしい。
  5. 犬を放し飼いにする人がいて困っている。

 

猫について

  1. 屋内で飼養すると猫の自由な行動を妨げることになりますか。
  2. 不妊・去勢手術をしたほうがよいのですか。
  3. 飼い猫が行方不明になってしまった。
  4. 野良猫に餌をあげる人がいて困っています。
  5. 野良猫が敷地内に入ってきて困っています。

 

動物取扱業について

  1. ペットショップを開きたいのですが、何か申請が必要ですか。
  2. 動物取扱業の登録には、手数料がかかりますか。
  3. 動物取扱業者登録簿の閲覧はできますか。

 

その他

  1. 犬猫を飼い続けることができなくなってしまったので引き取ってほしい。
  2. 子犬・子猫が産まれて、飼うことができないので引き取ってほしい。
  3. 近所で動物が虐待されているようなので、助けてほしい。
  4. 飼い犬猫の避妊・去勢手術に対して、助成金制度はありますか。
  5. 飼い犬・飼い猫が死んでしまったのですが、どうすればよいですか。

 

 

 犬を飼うには届出が必要ですか。

生後91日以上の犬を飼っている方は、狂犬病予防法で以下の2つのことが義務付けられています。

  1. 生涯に1回、犬の登録をする。
  2. 年に1回、狂犬病予防注射を受けさせる。

登録の手続きや料金など詳しいことは、お住まいの市役所・町役場にお問い合わせください。

このページの先頭へ

 

 不妊・去勢手術をしたほうがよいと聞いたのですが、なぜですか。

メス犬は、1回の出産で5匹から10匹の子犬を産みます。もし、不妊・去勢手術をせずに子犬が産まれたら、責任を持って最期まで飼う事ができるでしょうか。

手術はかわいそうという方もいますが、不妊・去勢手術をすることで、犬にとっても飼い主にとっても良いことがあります。

手術後は、性格が穏やかになり発情のストレスから開放させる他、乳がんや前立腺がん、その他生殖器系の病気の発生率が低くなります。

手術の時期や方法については、お近くの動物病院に相談してください。

このページの先頭へ

 

 犬が行方不明になってしまった。

早急に、関係機関(お住まいの市役所・町役場や近隣の市役所・町役場警察署動物指導センター)に連絡してください。また、今後このようなことのないように、飼養環境を見直しましょう。

動物指導センター連絡先:0296-72-1200(受付時間:平日8時30分から17時15分まで)

このページの先頭へ

 

 飼い主のわからない犬が家の周りを徘徊しているので、捕獲してほしい。

ご相談先:動物指導センター

動物指導センター連絡先:0296-72-1200(受付時間:平日8時30分から17時15分まで)

このページの先頭へ

 

 犬を放し飼いにする人がいて困っている。

ご相談先:動物指導センター

動物指導センター連絡先:0296-72-1200(受付時間:平日8時30分から17時15分まで)

このページの先頭へ

 

 

 屋内で飼養すると猫の自由な行動を妨げることになりますか

猫は餌が十分に与えられていれば、特に広い生活空間を必要としません。屋内で飼うことで良いこともあります。

  1. 交通事故に遭わない
  2. 近所でフンやいたずらをして迷惑をかけることを防止できる
  3. 他の動物と喧嘩をして、怪我をすることがない
  4. 他の動物からの病気や寄生虫の感染を防止できる

このページの先頭へ

 

 不妊・去勢手術をしたほうがよいのですか。

メス猫は、1回の出産で4匹から6匹の子猫を産みます。もし、不妊・去勢手術をせずに子猫が産まれたら、責任を持って最期まで飼う事ができるでしょうか。

不妊・去勢手術をすることで、猫にとっても飼い主にとっても良いことがあります。

手術後は、性格が穏やかになり発情のストレスから解放される他、乳がんや前立腺がん、その他生殖器系の病気の発生率が低くなります。

このページの先頭へ

 

 飼い猫が行方不明になってしまった。

早急に、関係機関(お住まいの市役所・町役場や近隣の市役所・町役場警察署動物指導センター)に連絡してください。また、今後このようなことのないように、飼養環境を見直しましょう。

動物指導センター連絡先:0296-72-1200(受付時間:8時30分から17時15分まで)

このページの先頭へ

 

 野良猫に餌をあげる人がいて困っています。

お腹を空かせた猫に餌をあげたいと思う気持ちは大切です。しかし、不妊・去勢手術をせず、餌やりだけをして食べ残しやフンの掃除をしなければ、近隣住民の迷惑となり、猫が嫌われる存在になってしまいます。

被害を受けている方が、餌やりをやめてほしいと伝えるだけでは感情的な対立になり、問題解決が難しくなっている事が多いようです。

近隣住民の方に相談し、地域の問題として話し合って、迷惑を受けているという事を理解してもらいましょう。

ご相談先;動物指導センター

動物指導センター連絡先:0296-72-1200(受付時間:8時30分から17時15分まで)

このページの先頭へ

 

 野良猫が敷地内に入ってきて困っています。

当面の対策として次のようなことを試してください。(必ずしも効果が出るとは限りません。)

  1. 市販の忌避剤
  2. 香りの強い草を植える
  3. 水を捲く

ご相談先:動物指導センター

動物指導センター連絡先:0296-72-1200(受付時間:平日8時30分から17時15分まで)

このページの先頭へ

 

 

 ペットショップを開きたいのですが、何か申請が必要ですか。

動物取扱業の登録が必要ですので、詳しくは動物指導センターへお問い合わせください。ペットショップ以外にも、動物を取り扱う業を営むには、事前の登録が必要です。

動物指導センター連絡先:0296-72-1200(受付時間:平日8時30分から17時15分まで)

このページの先頭へ

 

 動物取扱業の登録には、手数料がかかりますか。

登録申請の手数料がかかります。詳しくは動物指導センターにお問い合わせください。

動物指導センター連絡先:0296-72-1200(受付時間:平日8時30分から17時15分まで)

このページの先頭へ

 

 動物取扱業者登録簿の閲覧はできますか。

動物指導センターでご覧いただけます。

動物指導センター所在地:茨城県笠間市日沢47

このページの先頭へ

 

 

 犬猫を飼い続けることができなくなってしまったので引き取ってほしい。

飼い主には、飼っている犬や猫を終生にわたって飼う責任があります。もう一度家族全員で考え、どうしても飼うことができないのであれば、ホームページやタウン誌等を利用して新しい飼い主を探してください。

一度、動物指導センターにご相談ください。

動物指導センター連絡先:0296-72-1200(受付時間:平日8時30分から17時15分まで)

このページの先頭へ

 

 子犬子猫が産まれて、飼うことができないので引き取ってほしい。

ホームページやタウン誌等を利用し、周りの方に飼ってくれる人がいないか探してください。

一度、動物指導センターにご相談ください。

また、親猫は不幸な命を増やさないように不妊手術をしてください。

動物指導センター連絡先:0296-72-1200(受付時間:平日8時30分から17時15分まで)

このページの先頭へ

 

 近所で動物が虐待されているようなので、助けてほしい。

動物指導センターにご相談ください。事実確認のために、場所等を教えてください。

動物指導センター連絡先:0296-72-1200(受付時間:平日8時30分から17時15分まで)

このページの先頭へ

 

 飼い犬猫の避妊・去勢手術に対して、助成金制度はありますか。

助成金制度の有無等は市町村によって異なりますので、お住まいの市役所・町役場にお問い合わせください。

このページの先頭へ

 

 飼い犬・飼い猫が死んでしまったのですが、どうすればよいですか。

県では、死亡した飼い犬・飼い猫の引き取りを行っておりませんので、以下の方法で処分してください。

  1. ペット霊園などをご自身で探していただき依頼する。
  2. 自宅の敷地内に埋葬する。
  3. 市町村ごとに定めてある廃棄物の区分に従い処分する。

このページの先頭へ

 

 

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部生活衛生課環境・動物愛護

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3418

FAX番号:029-301-3439

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?