ホーム > 茨城で暮らす > 福祉・子育て > 地域の健康福祉 > 県南地域 > つくば保健所 > 指定難病・一般特定疾患について

ここから本文です。

更新日:2018年10月16日

指定難病・一般特定疾患について

茨城県では,原因が不明であって治療方法が確立していない,いわゆる難病のうち特定の疾患については,一般特定疾患治療研究事業又は難病法に基づく指定難病特定医療費支給認定として医療費の公費負担を実施し,医療の確立と普及,ならびに患者さんの経済的負担の軽減を図っております。

指定難病特定医療費について

平成26年5月に難病の患者に対する医療等に関する法律(以下難病法)が成立し,平成27年1月1日から施行されました。難病のうち国が定めた基準に該当する331疾患を指定難病といいます。

新規・更新・変更の手続きについて

県外からの転入・転出の手続きについて

※助成対象と認められた場合の指定難病特定医療費支給認定の対象期間は,保健所に申請いただいた日からとなります。助成期間の遡及は行いませんので,ご了承ください。

一般特定疾患治療研究事業について

スモン・難治性肝炎のうち劇症肝炎・重症急性膵炎・プリオン病(ヒト由来乾燥硬膜移植によるクロイツフェルト・ヤコブ病に限る)の4疾患です。

※難治性肝炎のうち劇症肝炎および重症急性膵炎は,平成26年12月31日時点で特定疾患医療受給者として認定されていた方に限り平成27年1月1日以降も医療費助成対象となります。新規申請はできませんので,ご注意ください。


また,スモン患者さんに対するはり・きゅう等の施術料の助成,先天性血液凝固因子障害者等の患者さんに対する医療費自己負担分の助成,在宅で人工呼吸器を使用している患者さんの訪問看護に対する助成など各種事業を実施しております。詳しくは管轄の保健所へお問い合わせ下さい。

 

 

 

難病に関する情報・ご相談について

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部つくば保健所健康指導課

茨城県つくば市松代4丁目27

電話番号:029-851-9291

FAX番号:029-851-5680

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?