ここから本文です。

インフルエンザ地域警報の解除について(2017年4月6日提供)

本県における平成29年第13週(3月27日~4月2日)のインフルエンザ流行指数は6.29(第12週は8.35)となりました。県内全域に発令した「インフルエンザ警報」は3月30日に解除しましたが,インフルエンザ地域警報が続いていた常陸大宮、竜ケ崎、つくば保健所管内でも,警報解除基準(10.00)を下回ったため,全ての「インフルエンザ地域警報」を本日解除しました。
しかしながら,社会福祉施設等でのインフルエンザ集団発生は,まだ報告が続いています。
引き続き県民の皆様には感染症対策の基本である「こまめな手洗い」,「咳エチケットの実践」をお願いいたします。
なお,茨城県衛生研究所において,平成28年9月5日から平成29年4月2日までの期間にインフルエンザウイルスを検出した184検体の内訳は,AH3(A香港型)が148検体(80.4%),AH1pdm09が12検体(6.5%),B型が24検体(13.0%)となっております。
[昨シーズン AH3(A香港型):16.4%,AH1pdm09:40.0%,B型:43.6%]
また,インフルエンザ流行情報および学級閉鎖等措置・集団発生等の状況については,感染症情報センターのホームページに掲載し,毎週木曜日に更新しています。
【茨城県感染症情報センターホームページURL】
http://www.pref.ibaraki.jp/hokenfukushi/eiken/idwr/index.htミリリットル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?