ホーム > 茨城で暮らす > 保健・医療 > 健康づくり・病気予防 > 感染症情報センター > 保育所における腸管出血性大腸菌感染症の集団発生について

ここから本文です。

報道発表資料

更新日:2018年9月7日

保育所における腸管出血性大腸菌感染症の集団発生について

8月22日(水曜日),水戸市内の医療機関から水戸保健所に,社会福祉法人地球の子ども会ちゃいるどはうす保育園(施設長:根本てる子,所在地:水戸市笠原町150,園児数:73名,職員数:18名)に通う園児に係る腸管出血性大腸菌(O26 VT1+)感染症の発生届出がありました。

水戸保健所において調査を行い,当該保育所の園児,職員及び同居家族の検体(便)検査を実施したところ,腸管出血性大腸菌(O26 VT1+)が検出され,届出者を含め全体で計11名の感染者が確認されました。

感染者に入院者・重症者はおらず,全員快方に向かっております。

なお,水戸保健所は,調査の結果から当該保育所での集団感染事例と判断し,感染拡大防止に向けた指導を実施しています。

 

2018年9月7日報道機関提供資料(PDF:160KB)

参考(PDF:186KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部疾病対策課健康危機管理対策室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3219

FAX番号:029-301-3239

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?