ここから本文です。

報道発表資料

更新日:2019年7月4日

手足口病の流行警報発令について

子どもを中心に手足口病の患者報告数が増加しています。

本県における感染症発生動向調査による県内の小児科定点医療機関の定点当たりの患者報告数が,本年第26週(6月24日~6月30日)において,1定点当たり5.55人となり,警報の基準値(1定点当たり5人/週)を超えたため,本日,県内全域に手足口病の流行警報を発令しました。

手足口病は,毎年夏に,主に5歳以下の乳幼児を中心に流行します。今後,さらに患者数が増える可能性があるので注意が必要です。

県民の皆様には,「手洗いの励行」など感染予防の徹底をお願いいたします。

 

◎手足口病について

病 原 体

エンテロウイルスによっておこる感染症

感染経路

飛沫感染,接触感染,糞口感染(便に排泄されたウイルスが口に入って感染する)

症 状 等

○感染すると3~5日後に,手のひら,足の裏,口の中に水疱性の発疹が出ます。   

○熱が出ることもありますが,高熱が続くことは通常ありません。 

○基本的には軽い症状の病気ですが,まれに,髄膜炎等の合併症がおこることがあるので経過観察をしっかり行い,高熱や頭痛,嘔吐等の症状がみられた場合は,速やかに医療機関を受診しましょう。

予 防 法

○手洗いは,流水と石けんで十分に行ってください。  

○タオルの共用は避けましょう。 

○回復後も2~4週間にわたって糞便にウイルスが排泄されるため,トイレやおむつ交換の際などには,しっかりと手洗いをしてください。

 

 

 令和元年7月4日報道機関提供資料(PDF:506KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部疾病対策課健康危機管理対策室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3219

FAX番号:029-301-3239

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?