ホーム > 茨城で暮らす > 保健・医療 > 健康づくり・病気予防 > 難病対策 > 医療提供体制,在宅難病患者一時入院事業,その他の事業

ここから本文です。

難病の医療提供体制,在宅難病患者一時入院事業,その他の事業

難病の医療提供体制

     医療体制図

              難病の医療提供体制(PDF:600KB) 

  

 難病診療連携拠点病院,難病医療協力病院,難病医療指導機関の情報は次のとおりです。

  医療機関一覧(PDF:113KB)

 難病診療連携拠点病院のホームページへリンク

  筑波大学附属病院難病医療センターホームページ(外部サイトへリンク)

  茨城県立中央病院難病医療相談ホームページ(外部サイトへリンク)

在宅難病患者一時入院事業

 在宅で療養している難病患者さんを介護する方が休養(レスパイト)や病気・けが,冠婚葬祭等で介護ができない時などに適切な医療機関に入院できるよう支援いたします。

  レスパイト

    在宅難病患者一時入院事業(ちらし)(PDF:768KB)

   県と契約している医療機関(令和元年度版)(38カ所中,公表可の36カ所)(PDF:203KB)

在宅人工呼吸器使用患者支援事業

 指定難病及び特定疾患治療研究事業対象患者で,かつ当該指定難病及び特定疾患を主たる要因として在宅で人工呼吸器を使用し,医師が訪問看護を必要と認める患者さんに対して,診療報酬で定められた回数を超える訪問看護(1日4回目以上)の費用を県が負担します。

      在宅人工呼吸器使用患者支援事業(ちらし)(PDF:251KB)