ホーム > 茨城で暮らす > 保健・医療 > 健康づくり・病気予防 > 難病対策 > 難病の指定医療機関と指定医について

ここから本文です。

更新日:2019年11月8日

難病の指定医療機関と指定医について

指定医療機関について

難病の医療費助成となる医療機関等は次のとおりです。

病院・診療所PDF(PDF:264KB)エクセル(エクセル:28KB)

保険薬局PDF(PDF:239KB)エクセル(エクセル:101KB)

訪問看護事業者等PDF(PDF:105KB)エクセル(エクセル:28KB)

難病指定医療機関の要件

難病法第14条第1項で定める以下の医療機関等であること。

  • 保険医療機関
  • 保険薬局
  • 健康保険法に規定する指定訪問看護事業者
  • 介護保険法に規定する指定居宅サービス事業者(訪問看護事業者に限る。)

難病法第14条第2項で定める欠格事項(申請書裏面参照)に該当していないこと。

難病指定医療機関の責務

  • 指定医療機関の診療方針は,健康保険の診療方針の例によるほか,指定医療機関は,難病医療費助成に関し,良質かつ適切な医療を行わなければならない。
  • 指定医療機関は,難病医療費助成に係る医療の実施に関し,知事の指導を受けなければならない。

有効期間

  • 指定医療機関の有効期間は,指定を受けた日から6年間です。有効期間の更新には更新手続きが必要です。

 

難病指定医について

申請書に添付する臨床調査個人票を記載することができる医師は、次のとおりです。

難病指定医・協力難病指定医

難病指定医(PDF:375KB)協力難病指定医(PDF:58KB)

指定医(エクセル:274KB)

  • 難病指定医:新規申請及び更新申請いずれの臨床調査個人票も作成可能。
  • 協力難病指定医:更新申請の臨床調査個人票のみ作成可能。

難病指定医の要件と区分

区分

要件

新規認定の診断書

更新認定の診断書

難病指定医

1あるいは2を満たすこと。

1診断又は治療に5年以上従事した経験があり,申請時点において,関係学会の専門医の資格を有していること。

2診断又は治療に5年以上従事した経験があり,県の実施する研修を修了していること。

協力難病指定医

診断又は治療に5年以上従事した経験があり,県の実施する研修を修了していること。

×

難病指定医の責務

  • 難病指定医(研修資格該当)及び協力難病指定医は、5年ごとに指定医の区分に応じた研修を受講する必要があります。
  • 申請内容に変更があったときは,変更事項及びその年月日を届け出る必要があります。

有効期間

  • 指定医の有効期間は,指定を受けた日から5年間です(5年ごとに更新手続きが必要です。)。

指定医研修のおしらせ

  • 難病患者に対する医療等に関する法律に基づく指定医(難病指定医・協力難病指定医)の研修を開催いたします。

(1)研修のおしらせ(PDF:197KB)

(2)日時・場所・内容について(PDF:93KB)

(3)研修会会場について(PDF:417KB)

(4)カリキュラム及び時間(PDF:246KB)

(5)指定医について(PDF:157KB)

(6)専門医リスト(PDF:76KB)

(7)研修会申込書(PDF:95KB)

指定医療機関へのご案内

経過措置終了に伴う指定医療機関における医療受給者証の確認等について

平成27年1月1日に施行された難病の患者に対する医療等に関する法律(平成26年法律第50号)に基づく医療費助成においては、同法施行前の特定疾患治療研究事業による医療費助成から引き続き受給している者(以下「経過措置対象者」という。)について、自己負担上限月額を平成27年1月以降新規に認定された方よりも引き下げる等の経過措置を、3年間講じてきたところです。

平成29年12月31日をもって当該経過措置期間が終了することに伴い、経過措置対象者のうち、平成30年1月1日以降も引き続き認定することとなった者については、公費負担者番号や支給認定の有効期間を変更した新たな医療受給者証等が交付されます。

つきましては、平成30年1月1日以降に、医療機関の窓口で、難病の医療受給者証を提示された場合は、医療受給者証の有効期間等をご確認いただき、引き続き認定されている者であるか、誤って古い医療受給者証を提示していないか等ご確認をお願いいたします。

難病指定医・協力難病指定医研修を修了された医師へのご案内

難病指定医の指定を受けていない医師(新規申請手続きが必要な方)

  • 指定医指定申請が必要です。指定医指定申請書に医師免許証の写しと研修の修了証の写しを添えて、管轄の保健所窓口あてご提出ください。後日指定書を送付します。
  • 難病の診断書を記入する際は,指定書に記載の指定医番号を記載して下さい。
  • 指定を行った後,主たる医療機関及び氏名等を茨城県が公表します。

難病指定医の指定を受けている医師(更新申請手続きが必要な方)

  • 指定書の有効期間満了日までに指定医指定更新申請書に必要事項をご記載のうえ,研修の修了証の写しを添えて,更新手続きを行ってください。
  • 提出先は,医療機関の所在地を管轄する保健所となります。

指定医療機関と指定医の申請届出様式

指定医療機関

指定医療機関の申請手続きについて(ワード:101KB)

指定申請書(ワード:30KB)

指定更新申請書(ワード:29KB)

変更届(ワード:22KB)

休止等届出書(ワード:20KB)

指定辞退申請書(ワード:20KB)

指定医

指定医の申請手続きについて(ワード:94KB)

専門医リスト(PDF:33KB)

指定申請書(ワード:35KB)

指定更新申請書(ワード:32KB)

指定変更届(ワード:22KB)

指定辞退届(ワード:19KB)

留意事項等

指定医療機関

指定医

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部疾病対策課難病対策

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3220

FAX番号:029-301-3239

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?