ホーム > 平成30年度幼児歯科健康診断実施状況

ここから本文です。

平成30年度幼児歯科健康診断実施状況

結果の概要

平成30年4月1日時点の茨城県内の保育所,認定こども園,幼稚園及び特別支援学校幼稚部の総施設数は855施設で、このうち歯科健康診断実施状況報告があったのは4歳児で830施設、5歳児で828施設となっています。

1 施設数・歯科健診受診者数の状況

 

 

a

県内対象施設数

(施設)

b

回答施設数

(施設)

c

回収率

(b/a×100・%)

d

歯科健診受診者数

(人)

4歳児 853 830 97.3 21,622
5歳児 850 828 97.4 22,546

2 むし歯の状況

むし歯有病率

「むし歯有病者」とは、未処置歯のある者と処置完了した者の計です。

むし歯有病者率の茨城県平均は、4歳児で31.7%、5歳児で42.4%でした。

また、保健所別に比較すると、4歳児では、最も高い保健所と最も低い保健所の差は17.4%でした。また5歳児では、最も高い保健所と最も低い保健所の差は23.3%でした。

4歳児むし歯のある児の割合

5歳児むし歯のある児の割合

一人平均むし歯数

一人平均むし歯数の茨城県平均値は、4歳児で1.2本、5歳児で1.7本でした。

また、保健所別に比較すると、4歳児では、最も多い保健所と最も少ない保健所の差は1.0本でした。5歳児では、最も多い保健所と最も少ない保健所の差は1.2本でした。

4歳児一人平均むし歯数

5歳児一人平均むし歯数

 市町村別の結果については、平成30年度幼児歯科健康診断実施状況(PDF:207KB)をご覧下さい。