ホーム > 茨城で暮らす > 保健・医療 > 健康づくり・病気予防 > 第3次健康いばらき21プランを策定しました

ここから本文です。

更新日:2018年6月8日

第3次健康いばらき21プランを策定しました

本県の健康寿命(日常生活で支援や介護を要しない自立して生活できる期間)は,男性9位(72.50年),女性8位(75.52年)と全国でも上位ですが,健康寿命への影響が大きい脳卒中や心筋梗塞などの生活習慣病の死亡率が高いことが課題になっています。

健康寿命を更に延ばしていくためには,健康づくり事業の更なる充実とともに,県民の皆様が若い時から,健康の保持・増進に関心を持って,生活習慣病の予防に取り組むことが重要です。

そのため,ライスステージに応じた健康づくりなど具体的な取組を盛り込んだ「第3次健康いばらき21プラン」を策定し,県民総ぐるみで「健康長寿日本一」を目指します。

 

第2次健康いばらき21プラン(平成25年度から平成29年度)については以下のとおりです。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部健康長寿福祉課健康増進

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3229

FAX番号:029-301-3239

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?