ランサムウェアの被害防止対策について

ランサムウェアとは

ランサムウェア(Ransomware)とは、「Ransom(身代金)」と「Software(ソフトウェア)」を組み合わせて作られた名称で、近年急速に被害を拡大させているコンピュータウイルスの一種です。
このウイルスに感染すると、パソコン内のデータが勝手に暗号化されて使えない状態になったり、スマートフォンが操作不能になったりします。
こうした状態を元通りにすることと引き換えに金銭を要求するウイルスですが、金銭を支払っても元通りにならない場合も多くあります。
今後も被害の拡大が予想されるランサムウェアについて、その感染経路と対策を紹介します。

このページのトップへ戻る

ランサムウェアの感染経路

主に犯罪者が送付したメールの添付ファイルを開いたり、本文中に記載されたリンクをクリックしたりすることが考えられます。
また、第三者のウェブサイトを改ざんして、ウェブサイトにアクセスしただけでウイルスに感染するという仕組みを構築し、多くの人にランサムウェアを感染させようとする例も確認されています。

このページのトップへ戻る

ランサムウェアの感染防止対策

  • ウイルス対策ソフトを導入する
    ウイルスに感染するリスクを下げるため、ウイルス対策ソフトを導入し、定義ファイルを更新して最新の状態に保つ。
  • OS及びソフトを最新の状態にする
    ソフトウェアのぜい弱性が悪用されるおそれがあるので、OS及びソフトウェアを更新し、常に最新の状態を保つ。
  • Webサイト閲覧時に注意する
    不審な広告バナーやダイアログボックス等をクリックしない。
  • 不審なメールに注意する
    知っている人や企業等からのメールであっても、心当たりのない内容であれば不用意に添付ファイルを開いたり、リンクをクリックしない。

このページのトップへ戻る

ランサムウェアの被害防止対策

重要なファイルは定期的にバックアップする。
外付けのドライブに保存する場合、必要な時以外は取り外しておく。クラウド上にバックアップを保存する場合は、ファイルを自動で同期しない設定にする。

このページのトップへ戻る

ランサムウェアに感染してしまったら

  • ランサムウェアの駆除
    ウイルス対策ソフトの定義ファイルを最新の状態に更新し、ランサムウェアの駆除を行う。
  • 「システムの復元」機能の利用
    WindowsVista以降のWindowsOSでは「システムの復元」機能が実装されており、これを利用して復旧できる可能性があります。
  • 復号ツールの利用
    一部のランサムウェアについては復号ツールが公開されています。
    ただし、バージョンが異なれば復号ツールが利用できない、復号ツールは提供元企業からの保証等がなく予期せぬ不具合が生じる可能性がありますので注意してください。

このページのトップへ戻る

関連情報

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

担当課: 生活安全部 サイバー犯罪対策課
連絡先: 029-301-8109