ビットコインを要求する脅迫メールについて

ビットコインで支払を求める脅迫メールが確認されています

全国的に「あなたのパソコンをハッキングした」「あなたがアダルトサイトへアクセスした姿をウェブカメラで撮影した」などと称して、撮影したデータの削除と引き換えにビットコインを要求するメールが出回っています。

このページのトップへ戻る

脅迫メールの特徴

確認されている脅迫メールは、内容に多少の違いはありますが、

  • 送信元が自分のメールアドレスと同一であり、ハッキングしたかのように装っている
  • メール本文中に、受信者が登録しているインターネットサービスのパスワードが記載されている場合がある
  • 日本で出回っているものは海外で使用したものを機械翻訳したものと思われ、不自然な日本語が使われている(例:「あなたの味はとても変わっています」「私はあなたの友人、親戚、あなたの親密な人にこのビデオを表示することに興味が無いと思う」)

といった特徴があります。

このメールは、不特定多数に送信されている架空請求メールであり、海外でも同様の内容のメールが確認されています。

このページのトップへ戻る

対策について

このメールは不特定多数に送信されている架空請求メールなので、請求は無視してください。

また、ウイルス対策ソフトでもその対策を講じられているので、ウイルス対策ソフトを導入することも被害を防ぐためには有効な方法です。

自分自身のメールアドレスから同じメールアドレスにメールを送ることがないのであれば、自分のメールアドレスからのメールを受信拒否にするように設定することをおすすめします。

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

担当課: 生活安全部 サイバー犯罪対策課
連絡先: 029-301-8109