外国人集住地域総合対策

日本人と外国人が共生する安全・安心な社会の構築

はじめに

我が国には、全国各地に多くの外国人の方々が居住し、日本人とともに働き、学ぶなどしています。

しかし、その方々の中には、言語の問題や文化・風習の違いから日本に溶け込むことができないでいる方もおり、とりわけ外国人の方々が集まり住んでいる地域(外国人集住地域)に暮らしている方に、その傾向が強く見られるようです。日本政府は、外国人の方々が日本に馴染んで生活できるよう、平成21年1月に各省庁に対して対策を講じるよう指示しました。これを受けて警察は、地域の実態に応じた施策を展開しています。

茨城県の平成29年6月末現在の在留外国人数は60,163人(法務省統計)で、これらの方々は、主に県南、県西、鹿行地域で多く生活しています。

茨城県警察では、日本人と外国人が安全に安心して暮らせる共生社会を確立するため、外国人住民の方々に対しても日本人と同様、犯罪被害に遭ったり、犯罪に関係することがないよう、安全情報の提供や安全教育等を行っています。

外国人集住地域総合対策について

警察の外国人集住地域総合対策は、

  • 国内の外国人集住コミュニティーが、犯罪組織やテロリスト等に悪用されることを防止する
  • 定住外国人の方々が犯罪の被害に遭ったり、関係したりする要因を事前に取り去る

ことを目的としています。

それぞれの集住地域の実態に応じて、行政や住民団体、企業等と協力して、警察から外国人住民の方々にも日本での暮らしに役立つような情報を提供し、日本の法律やマナー等を知ってもらった上で、トラブルや犯罪に遭わない、関わらないよう、日本人と一緒に地域の安全・安心なまちづくりに貢献して頂こうとするものです。

つまり、取締りとは一線を画し、困りごと相談や交通安全教室などのソフトな活動を進め、日本に馴染んでもらうことで、犯罪に巻き込まれることを防ぐだけでなく、加害者になることも抑える効果を期待するものです。

また、日本人と外国人との相互理解促進や生活環境整備を目指すものでもあります。

このページのトップへ戻る

茨城県警察の取組

茨城県警察では、平成21年6月17日「茨城県警察外国人集住地域総合対策推進本部」と、全警察署に推進本部を設置して、対策に取り組んでいます。

特に日系外国人の方々の集住が見られる地域を管轄する常総警察署をモデル警察署に指定して、重点的に対策に取り組んでいます。

このページのトップへ戻る

主な取組

外国人世帯への巡回連絡

外国人の方の多い地域では、通訳人と一緒に巡回連絡を行ったり、外国語で書かれた巡回連絡カードを活用するなどして、日本語を理解できない外国人住民の方々にも警察活動を理解し、協力して頂けるような活動を行っています。

女性警察官が玄関前で話を聞いている様子
女性警察官が家の中で防犯のチラシを渡し説明している様子

外国人世帯への巡回連絡

コミュニティリーダーの委嘱と活動(常総警察署)
意見交換会の様子
意見交換会

外国人コミュニティのリーダー的な立場にある方々を「コミュニティリーダー」に委嘱し、警察からの安全情報の提供や外国人住民の方々の意見要望の聴取等、警察と外国人住民の方々との「架け橋」となるような活動に協力して頂いています。

外国人防犯ボランティア団体への活動支援(常総警察署)

県内唯一の外国人防犯ボランティア団体の活動に対する支援を行い、外国人住民の方々が行う「安全・安心まちづくり」活動にも協力しています。

横断歩道で小学生を誘導している様子
外国人防犯ボランティア団体活動状況1
交通誘導に赴く様子
外国人防犯ボランティア団体活動状況2
外国人学校への防犯・交通安全指導(つくば北署・常総警察署)

日本の学校に行うものと同様に、外国人学校の児童・生徒にも「非行防止教室」や「交通安全教室」等を開催して、子どもたちが安全に、かつ犯罪に巻き込まれることがないよう指導を行っています。

児童生徒に防犯教室を実施している様子
外国人学校への防犯・交通安全指導
薬物乱用防止コーナーに薬物の説明パネルを設置している様子
外国人学校への薬物乱用防止教室
外国人留学生、技能実習生等に対する生活安全指導
警察官が生活安全指導をしている様子
生活安全指導

外国人留学生や技能実習生等の方々が、安全に安心して留学や実習できるよう、学校や企業等と連携して、生活安全指導を行っています。

「警察相談ボックス」の設置
警察相談ボックス全景Police-consultation-box
警察相談ボックス

鹿嶋警察署(当時)では、知手浜交番前に外国人向けに6か国語で標記した「警察相談ボックス」を設置して、寄せられた相談に対応しています。

各種イベントにおける広報啓発活動

外国人の方々にも警察活動を理解して頂けるよう、警察が積極的にお祭りやスポーツイベントなどの会場に出向いて、外国人の方々とふれあいの機会を作っています。

お祭り会場で警察官が子供にチラシを渡している様子
お祭り会場1
警察官がお祭り会場で説明している様子
お祭り会場2
常総警察署長杯フットサル大会参加者の様子
フットサル大会
子供達が指導を受けながら凧を作っている様子
凧揚げ大会(和凧作り)
移動領事を行っている様子
移動領事

このページのトップへ戻る

多言語による情報の提供

茨城県警察では、ホームページにおいても多言語による各種情報を提供しています。

このページのトップへ戻る

関連情報

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

担当課:生活安全部 生活安全総務課 安全安心まちづくり推進室
連絡先:029-301-0110