侵入窃盗

侵入窃盗被害の半数以上が「住宅」です

建物へ侵入し金品を盗む侵入窃盗のうち、半数以上(53.7%)を住宅への侵入窃盗(空き巣・忍込み・居空き)が占めています。

※過去3年間(h26〜28)の合計値(侵入窃盗 12,229件 うち住宅侵入窃盗6,565件)

  • 空き巣:家人等が不在の住宅の屋内に侵入し金品を盗むこと
  • 忍込み:夜間家人等の就寝時に住宅の屋内に侵入し、金品を盗むこと
  • 居空き:家人等が在宅中に住宅の屋内に侵入し、金品を盗むこと
グラフ:侵入窃盗手口別構成率 数値は過去3年間(H25〜27)の合計値より算出 項目:住宅侵入窃盗53.7%、出店荒し12.4%、事務所荒し10.3%、倉庫荒し8.5%、その他15.2%

泥棒の侵入方法

 泥棒の侵入方法は、無施錠・ガラス破りが高い割合を占めています。

無施錠:49.5%、ガラス破り:39.6%

 数値は過去3年間(平成26〜28年)の合計値より算出

このページのトップへ戻る

泥棒(侵入窃盗犯)の意識

「侵入に際して、どれ位の時間が掛かれば侵入をあきらめるか。」の問いに対しての回答が、
「2分」が17.1%
「2分を超え5分以内」が51.4%
「5分を超え10分以内」が22.9%
であることから、侵入口の防犯設備が破壊行為に「5分」耐えることができれば、約7割の泥棒が侵入を諦めることになります。

2分:17.1%、2〜5分以内:51.4%、5〜10分以内:22.9%

このページのトップへ戻る

防犯性能の高い建物部品(CP部品)を活用しましょう

【CP部品】 警察庁、経済産業省、国土交通省及び建物部品関連の民間団体から成る「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」において、侵入までに5分以上の時間を要するなど一定の防犯性能があると評価したドア、窓、シャッター等の建物部品

※「CP」Crime Prevention(防犯)の頭文字

【CPマーク】
CP部品だけが表示できる共通標章

【防犯のポイント】盗難被害にあわないために

窓ガラス、出入口の確実な施錠
  • 窓ガラス、 出入口の確実な施錠
    被害の約5割が無施錠の場所から室内に侵入されて いますので、不在時、就寝時はもちろん在宅時でもエアコン等を上手に活用して確実に施錠しましょう。トイレや浴室等の小窓にも忘れずに施錠しましょう。
  • 窓ガラスヘの補助錠と防犯フィルムの活用
    被害の約4割がガラス破りにより室内に侵入されて いますので、 窓ガラスを強化しましょう。
  • 小窓には格子を設置
    トイレや浴室等の小窓には、 格子を設置しましょう。
  • CP部品の活用
屋外・庭への防犯対策
  • 鍵を敷地内に置いたまま外出しない
    植木鉢の下や郵便受け等に鍵を置いたままの外出は絶対にやめましょう。
  • センサーライトの設置
    夜間、 人通りを感知して点灯するセンサーライトは、泥棒を威嚇する効果があります。
  • 防犯カメラの設置
    被害時の状況が記録でき、 泥棒を威嚇する効果 もあります。
  • 足場をなくす
    植木や物置は、 2階への侵入経路となるので位置を 確認しましょう。
  • 死角をなくす
    敷地内は、 高い塀や庭木による死角を作らないようにしましょう。
  • 防犯砂利の活用
    歩くと大きな音がする防犯砂利を活用しましょう。
  • 長期間の外出時は、 新聞の配達を停止
    新聞が郵便受け等に溜まっていると泥棒に留守であることを悟られてしまいます。長期間留守にする場合 は 新聞 の配達を止めてもらうように手配しましょう。
その他の防犯対策
  • 「地域の目」で街を守る
    普段から近所での挨拶を励行し、 近所付き合いを大切にして、 「地域の目」で犯罪の起きにくい街をつくり ましょう。
  • 見知らぬ人にも挨拶
    犯罪を犯そうとしている時に最も嫌がるのは、 顔を 認識されることです。 犯人は、 挨拶をされると犯罪を 犯しにくくなりますので、 見知らぬ人にも積極的にこんにちは」 等と挨拶をするように心掛けましょう。
  • 不審者を見かけたら110番通報
    近所を物色しているような不審者を見かけた場合は、 ためらわず警察に通報してください。

いばらき防犯ガイドのリーフレット

このページのトップへ戻る

関連情報

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

担当課:生活安全部 生活安全総務課 安全安心まちづくり推進室
連絡先:029-301-0110