カーテン等取付け車両に対する取締り

ドライバーの皆さんへ

運転席・助手席の窓ガラスにカーテン等を取り付けて走行するのは道路交通法違反です。

茨城県警察では、運転席・助手席の窓ガラスにカーテン、サンシェード等を装着している車両に対する取締りをしています。

根拠・反則金

道路交通法第55条第2項

車両の運転者は、運転者の視野若しくはハンドルその他の装置の操作を妨げ、(中略)るような乗車をさせ、又は積載をして車両を運転してはならない。

反則金等
  • 反則金
    • 大型車・中型車 7,000円
    • 普通車 6,000円
  • 違反点数
    • 1点

このページのトップへ戻る

ドライバーの皆さんへお願い

運転席・助手席窓ガラスにカーテンやサンシェード等を取り付けたまま走行すると視野が妨げられるため、思わぬ交通事故につながるおそれがあります。

運転席・助手席窓ガラスには何も取り付けないでください。 安全確認をしっかりして交通事故のないよう安全運転をお願いします。

このページのトップへ戻る

関連情報

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

担当課:交通部 交通指導課
連絡先:029-301-0110