運転免許証のIC(アイシー)カード化

平成19年1月4日から運転免許がIC(アイシー)カード化されました。

ICカード免許証は4桁の数字で2組の暗証番号が必要です。大きさは現行と同じです。

メリット

  • 運転免許証の偽変造の防止
    IC運転免許証は偽変造が極めて困難になります。
  • プライバシーの保護
    本籍はプライバシー保護のため、券面から削除されます。
  • 身分証明書としての信頼性
    「暗証番号」入力による確認で、信頼性が高まります。
  • 安全対策や利便性の向上
    将来的に多様なニーズへ対する大きな可能性があります。

青文字で運転免許証と書かれた左側にICチップがあり、本籍はICチップにのみ記録されます。

このページのトップへ戻る

暗証番号

運転免許試験に合格したとき、運転免許を更新するときなどに、「暗証番号」が必要になります。

  • IC運転免許証には暗証番号が必要となります。暗証番号には、暗証番号1と暗証番号2があり、それぞれ数字4桁を設定することになります。

  • 暗証番号は、運転免許証を身分証明書として使用する場合などに必要となる場合があります。暗証番号を設定しないと、個人情報が読みとられるおそれや身分証明書として利用できない可能性があります。
  • 暗証番号は、変更することはできません。
  • 暗証番号は、他人に知られないようにする必要があります。
  • 暗証番号は、入力を3回間違えるとICチップの読み出しができなくなります。その場合は、茨城県警察運転免許センターや県内警察署の窓口で復旧することになります。
暗証番号の決め方

他人に知られず、自分も忘れにくい、あなただけの特別な数字列を決める。

【例として】

  • 忘れられない出来事の日時等
  • 資格、証明、趣味の器機等の番号
  • 目標数値
  • 達成日
  • 体重、身長の数字の組み合わせ
  • 歴史上の西暦
  • 趣味やペットに関する数字など

避けたい番号 〜本人との関わりが強くて他人から推測されたり、知られやすい番号〜

【例として】

  • 誕生日
  • 住所等の番地
  • 電話番号
  • 免許証番号
  • 所有車のナンバー
  • 連番数字(例1111、1234など)
  • 切りのよい数字(例1000、7000など)
  • 最初の4桁と後半の4桁を同じ数字にすること(例3512-3512など)

このページのトップへ戻る

経由更新

運転免許証の住所が茨城県内にある優良運転者の方が、他県で運転免許証の更新をする場合(経由更新)には、暗証番号の申告が必要となります。

このページのトップへ戻る

関連情報

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

担当課:交通部運転免許センター
連絡先:029-293-8811