初心運転者講習について

初心運転者講習制度のしくみ

初心運転者期間制度(道路交通法第100条の2)累積3点以上 初心運転者講習 受講で免許継続(受講後再度3点以上は再試験)、不受講は再試験、合格で免許継続、不合格及び不受験は免許取り消し
  1. 免許の種類(準中型免許、普通免許、大型二輪免許、普通二輪免許、原付免許)ごとに、免許取得後の1年間(停止期間中を除く。)は初心運転者期間です。
    準中型免許の方で、準中型免許取得前に普通免許を取得して2年以上経過している方は初心運転者期間から除かれます。
    (※)道路交通法の改正(平成29年3月12日施行)により、準中型免許が初心運転者講習制度に加えられました。
  2. 初心運転者期間内にそれぞれの免許の運転に関し、交通違反や交通事故を起こし累積点数が3点以上(1回の交通違反で3点の場合を除く。)となった場合、初心運転者講習通知書が送付され、受領後1か月以内に受講することができます。
    初心運転者講習を受講すると、初心運転者期間経過後に行われる再試験が免除されます。ただし、講習を受講しても残りの初心運転者期間内に、再度、交通違反や交通事故を起こし累積点数が3点以上(1回の交通違反で3点の場合を除く。)となった場合は、初心運転者期間経過後に再試験を受けなければなりません。
  3. 初心運転者講習を受講しなかった場合は、初心運転者期間経過後に、再試験を受けなければなりません。
  4. 再試験は学科、技能試験(原付は学科のみ)で不合格の場合、当該免許は取消しになります。
  5. 再試験を受験しなかった場合は、当該免許は取消し対象になり、公安委員会の意見の聴取で処分が決定します。

このページのトップへ戻る

初心運転者講習の日時、場所

講習の日時、場所につきましては、茨城県公安委員会が受講者の住所地などを勘案し指定します。

このページのトップへ戻る

初心運転者講習内容

  • 座学や場内、路上における運転実技指導
  • グループによるディスカッション等

このページのトップへ戻る

初心運転者講習の講習手数料等

講習種別 時間 手数料
準中型車講習 7時間 15,950円(通知手数料900円を含む)
普通車講習 7時間 15,250円(通知手数料900円を含む)
大型二輪車講習 7時間 19,800円(通知手数料900円を含む)
普通二輪車講習 7時間 18,750円(通知手数料900円を含む)
原付講習 4時間 10,500円(通知手数料900円を含む)

このページのトップへ戻る

初心運転者講習免除者

上位免許を取得した場合は、初心運転者講習が免除されます。
ただし、上位免許が初心運転者期間制度に該当する場合、新たにその免許の初心運転者期間がはじまります。

免許の種類 講習が免除される上位免許
準中型免許 大型免許、中型免許、大型二種免許、中型二種免許を取得した場合
普通免許 大型免許、中型免許、大型二種免許、中型二種免許、普通二種免許を取得した場合
(※)中型(8トン)限定免許で初心運転者期間制度に該当した方は上位免許に普通二種免許は含まれません。
普通二輪免許 大型二輪免許を取得した場合
原付免許 小型特殊、仮免許以外の免許を取得した場合

このページのトップへ戻る

初心運転者講習の受講期間について

初心運転者の通知を受けた日の翌日から起算した期間(講習を受けないことについて政令で定めるやむを得ない理由がある者にあっては、当該期間から当該事情の存する期間を除いた期間)が通算して一月を超えることとなるまでに限り、初心運転者講習を受けることができます。

政令で定めるやむを得ない理由については下記のとおりとなります。

  1. 海外旅行をしていること。
  2. 災害を受けていること。
  3. 病気にかかり、又は負傷していること。
  4. 法令の規定により身体の自由を拘束されていること。
  5. 社会の慣習上又は業務の遂行上やむを得ない緊急の用務が生じていること。
  6. 免許の効力が停止されていること。
  7. その他、公安委員会がやむを得ないと認める事情があること。

このページのトップへ戻る

関連情報

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

担当課:交通部運転免許センター 初心運転者講習係
連絡先:029-293-8811