臨時認知機能検査と臨時高齢者講習(平成29年3月12日施行)

対象となる方

臨時認知機能検査

年齢が75歳以上で、一定の違反行為(認知機能が低下した場合に行なわれやすい違反行為)をした方

臨時高齢者講習

臨時認知機能検査の結果と、直近の認知機能検査の結果とを比較し、認知機能の低下が認められた方

このページのトップへ戻る

記憶力・判断力が低くなっていると判断された場合

臨時認知機能検査の結果、「記憶力・判断力が低くなっている」と判定された方は、警察から連絡があり、医師の診断を受けることになります。
認知症と診断された場合は、免許の停止又は取消し、という行政処分の対象となります。(臨時認知機能検査や臨時高齢者講習を受けない方も、行政処分の対象となります。)

このページのトップへ戻る

臨時認知機能検査・臨時高齢者講習を受けられる場所

茨城県警察運転免許センター
(※)検査や講習日時は通知により指定されます。(通知後1ヶ月以内の受検・受講が必要です。)

このページのトップへ戻る

臨時認知機能検査・臨時高齢者講習の内容と手数料

臨時認知機能検査・臨時高齢者講習の新設(平成29年3月12日施行)75歳以上の運転者が違反をすると、臨時認知機能検査が実施されます。違反行為 信号無視、通行禁止、一時不停止など、認知機能が低下した場合に行われやすい違反行為18項目 臨時認知機能検査(30分)650円 直近の認知機能検査の結果と比較し、認知機能の低下が認められる場合   臨時高齢者講習・実車指導(1時間)個別指導(1時間)計2時間手数料5,650円

(※)小型特殊免許のみ所持している方は、実車指導はありません。
(※)小型特殊免許のみ所持している方の手数料は、2,400円

このページのトップへ戻る

関連情報

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

担当課:交通部運転免許センター
連絡先:029-293-8811 内線324