警察改革だより

警察改革について

国家公安委員会の求めにより、平成12年3月に警察刷新会議が設置され、精力的な取組みの結果、同年7月に「警察刷新に関する緊急提言」が出されました。
これを受けて、同年8月下旬に国家公安委員会及び警察庁が「警察改革要綱」を定めました。

この警察改革要綱では、これまでの警察に関する不祥事に対して国民の皆様から寄せられた厳しい批判、御意見を真剣に受け止め、警察活動の在り方を根本から見直し、真に国民の皆様の御意見、御要望に基づいた警察活動に、全力を挙げて取り組むこととされています。

茨城県公安委員会及び茨城県警察においても、本要綱に基づき、平成12年9月、警察本部及び各警察署に警察改革推進委員会を設置し、推進体制を整備して県民の信頼回復に向けた各種施策を推進してきました。
警察改革要綱策定から10年の節目の年に当たる平成22年11月、茨城県公安委員会及び茨城県警察は、本県警察における警察改革10年間の推進状況を検証し、今後の施策展開の方向性を示すものとして、「警察改革〜10年間の検証〜」を取りまとめました。

この検証の結果として、警察改革はおおむね所期の目的を達成したと評価しましたが、その基本的な考え方は将来においても堅持すべきものであり、今後は、警察改革に盛り込まれた個々の施策について、日常的に推進する施策の中で更なる定着化・深化を図ることとしました。

今回の警察改革への取組みの検証結果を一つの契機に、警察改革の原点に常に思いを致しつつ、この10年の間に整備してきた体制・制度を有効に活用し、新たな治安情勢の変化に的確に対応できるよう改善に努めながら、今後も、治安水準の更なる向上を通じて県民の負託にこたえるため全力を尽くしていきます。

このページのトップへ戻る

改革施策推進状況

このページのトップへ戻る

関連情報

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

担当課: 警務部 警務課
連絡先: 029-301-0110