太田警察署協議会 平成29年第3回会議開催概要

開催日時

平成29年9月15日(金曜日)15時〜17時

このページのトップへ戻る

開催場所

太田警察署会議室

このページのトップへ戻る

出席者

  • 警察署協議会委員
    5名
  • 太田警察署
    署長 以下8名

このページのトップへ戻る

議事内容

  • 前回協議会における意見・要望等に対する措置状況
  • 平成29年第3期(7月〜9月)の業務推進結果(状況)の報告及び意見の聴取
  • 平成29年第4期(10月〜12月)の業務計画案の説明及び意見の聴取
  • 諮問事項についての意見の聴取
    • 効果的な交通事故防止対策
  • その他の意見要望等の聴取

このページのトップへ戻る

協議会の意見、要望及び警察署の対応状況

諮問事項に対する意見及び警察署の対応状況
[協議会]
国道349号線を工事しているので、ダンプカーが車線をふさいでいて急な車線変更を迫られるときがある。前の車が急ブレーキをかけるなどして追突事故の原因になるのではないか。
[警察署]
事故原因は運転技術によるものが多く、追突事故も発生している。安全な速度での走行と多めの車間距離の確保により事故を防ぐよう、広報啓発に努める。

[協議会]
国道349号線を4車線にする工事をしているが4車線に慣れていないので、右折の際、対向車線に入り逆行してしまう危険性がある、道路標示等で誘導する必要がある。
夜間は前照灯のハイビームが基本だが、ロービームで走る車が多い。街灯のない山間部の道路に「ハイビームを呼びかける看板」を反射材で作ったらどうか。
[警察署]
意見を参考に、対策を検討していく。
諮問事項以外の意見、要望及び警察署の対応状況
[協議会]
犯罪を未然に防ぐ方法として、身近な事件事故の発生を知らせる方法があると思う、車上荒らしや交通事故等の身近に発生した犯罪等を知れば話題になり、気をつけようという意識が働く。犯罪や事故が発生しているときに配られるチラシは予防につながり効果がある。
自宅にパトロールカードが入るが、時間が記入されていて、パトロールしてもらっていることがわかり安心できる
[警察署]
意見を参考に、ミニ広報紙・交番速報等で情報発信やパトロールカードを活用して地域の防犯に努める。

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550 茨城県水戸市笠原町978-6 連絡先: 029-301-0110(代表)

  • 委員長・委員のプロフィール
  • 茨城県運営重点
  • 国家公安委員会