定例会議の開催状況【平成30年2月21日(水曜日)】

日時

平成30年2月21日(水曜日)

このページのトップへ戻る

出席者

  • 公安委員会
    諸岡委員長、今委員、鬼澤委員
  • 警察本部
    警察本部長、警務部長、首席監察官、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、情報通信部長、総務課長

このページのトップへ戻る

審議事項

交番その他の派出所及び駐在所の名称、位置及び所管区に関する規則の一部改正(案)について

地域部長から、土地区画整理事業による町名変更に伴う交番その他の派出所及び駐在所の名称、位置及び所管区に関する規則の一部改正(案)について説明があった。

委員より、「改正の趣旨は了解したので、このとおり進めてほしい。」旨の意見が出され、原案どおり了承された。

このページのトップへ戻る

報告事項

平成30年度警察費当初予算案の概要について

警務部長から、平成30年度警察費当初予算案の概要について報告があった。

委員から、「国体開催に向けた市町村への街頭防犯カメラ設置費用の補助が盛り込まれているが、これを契機に街頭防犯カメラの整備が進むとよいと思う。また、元号改正を見越したシステム改修など、必要な事業についてしっかりと予算獲得に努めてほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「県予算全体は微減となる中で警察費は若干増加しており、重点的な施策に対して手厚く配分されているので何よりだと思う。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「緊急配備支援システムは、自動車盗や事件・事故の早期解決のため不可欠であり、同システムや街頭防犯カメラの増強整備に予算を活用してほしい。」旨の意見が出された。

遺失物の取扱状況について(平成29年中)

警務部長から、平成29年中の遺失物の取扱状況について報告があった。

委員から、「10年間で拾得物の取扱件数が倍以上に増加しており、警察の業務負担の増加が懸念される。落とし物検索サービスを更に周知するなど、負担軽減に努めてほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「鉄道の駅や大型商業施設からの拾得物の届出が多いと思うが、それらの関係機関とよく連携して対応してほしい。」旨の意見が出され、警務部長から、「拾得物の保管等について関係機関と協議を進めており、適切な取扱いに努める。」旨の説明があった。

刑事部関係事件について

刑事部長から、刑事部関係事件の検挙について報告があった。

【検挙】

  • 外国人(ブラジル人・スリランカ人)グループによる強盗致傷及び窃盗等事件(つくば中央署・捜査第三課等合同捜査班)
  • オレオレ詐欺事件・受け子役被疑者の逮捕(水戸署)
  • オレオレ詐欺事件・受け子役被疑者の逮捕(下妻署・ニセ電話詐欺対策室・機動捜査隊)

委員から、「外国人による凶悪事件は住民の不安感が大きく、外国人全般に対するイメージ悪化を懸念している。オレオレ詐欺事件では騙されたふり作戦が奏功しているが、犯人グループからの仕返しを恐れる県民も多いと思うので、更なる協力を得るため不安感の払拭に努めてほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「外国人グループによる強盗等事件は、逮捕により更なる犯行を抑止できたのは何よりである。オレオレ詐欺事件の検挙は、報道により同種事案の抑止力になると思う。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「ニセ電話詐欺事件は、警察の迅速な対応により被疑者逮捕につながったと思うので、今後も頑張ってほしい。」旨の意見が出された。

行事等
ニセ電話詐欺被害防止に功労のあった金融機関に対する本部長感謝状の贈呈について
節分祭における安全対策実施結果について

生活安全部長から、ニセ電話詐欺被害防止に功労のあった県内に本店を置く全5金融機関に対する本部長感謝状の贈呈について報告があった。

地域部長から、県内寺社で行われた節分祭における安全対策実施結果について報告があった。

委員から、「金融機関の振込利用制限により還付金等詐欺を抑止しており、素晴らしいことである。今後も協力を得られるよう、適時適切な表彰を検討してほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「本部長感謝状の贈呈を受ける機会は貴重であり、関係職員のモチベーションも上がると思う。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「他の金融機関やコンビニエンスストア等からも十分な協力を得られるよう、今後も更なる働きかけをお願いしたい。」旨の意見が出された。

このページのトップへ戻る

その他の報告・決裁等

警察本部担当者

生活安全総務課長、運転免許センター長

報告・決裁等の概要
古物営業者に対する行政処分(古物営業の停止)について

生活安全総務課から、古物営業者に対する行政処分(古物営業の停止)について報告があり、決裁した。

銃砲の所持許可の取消しに関する件について

生活安全総務課から、銃砲の所持許可の取消しについて報告があり、決裁した。

平成30年度自動車等の運転免許関係事務(更新事務・再交付事務・記載事項変更事務・更新情報提供事務)の業務委託について

運転免許センターから、平成30年度自動車等の運転免許関係事務の業務委託について報告があり、決裁した。

平成30年度指定自動車教習所職員講習業務委託について

運転免許センターから、平成30年度指定自動車教習所職員講習業務委託について報告があり、決裁した。

平成30年度自動車運転免許講習(安全運転管理者等講習・更新時講習・特定任意講習・高齢者講習・停止処分者講習・違反者講習)業務委託について

運転免許センターから、平成30年度自動車運転免許講習業務委託について報告があり、決裁した。

平成30年度自動車運転免許講習(高齢者講習・違反者講習)通知業務委託について

運転免許センターから、平成30年度自動車運転免許講習通知業務委託について報告があり、決裁した。

平成30年度認知機能検査業務委託について

運転免許センターから、平成30年度認知機能検査業務委託について報告があり、決裁した。

自動車運転免許講習委託(取得時講習・高齢者講習)に係る認定審査について

運転免許センターから、自動車運転免許講習委託に係る認定審査について報告があり、決裁した。

仮運転免許関係事務の業務委託に係る認定審査について

運転免許センターから、仮運転免許関係事務の業務委託に係る認定審査について報告があり、決裁した。

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550 茨城県水戸市笠原町978-6 連絡先:029-301-0110(代表)

  • 委員長・委員のプロフィール
  • 茨城県運営重点
  • 国家公安委員会