定例会議の開催状況【平成30年3月14日(水曜日)】

日時

平成30年3月14日(水曜日)

このページのトップへ戻る

出席者

  • 公安委員会
    諸岡委員長、今委員、鬼澤委員
  • 警察本部
    警察本部長、警務部長、首席監察官、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、情報通信部長、総務課長

このページのトップへ戻る

審議事項

茨城県警察組織規則の一部改正(案)について

警務部長から、平成30年度茨城県警察組織改編等に伴う茨城県警察組織規則の一部改正(案)について説明があった。

委員から、「平成30年度の組織改編に伴うものであり、このとおり進めてほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「了解した。」旨の意見が出された。

以上の審議を踏まえ、原案どおり了承された。

茨城県道路交通法施行細則の一部改正(案)について

交通部長から、茨城県道路交通法施行細則の一部改正(案)について説明があった。

委員から、「行政サービスの向上等を目的とする改正は歓迎したい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「このとおり進めてほしい。」旨の意見が出された。

以上の審議を踏まえ、原案どおり了承された。

このページのトップへ戻る

報告事項

平成30年度茨城県警察監察実施計画について

首席監察官から、平成30年度茨城県警察監察実施計画について報告があった。

委員から、「業務監察項目にあるリカバリー教養とは何か。」旨の質問があり、首席監察官から、「職員が手続等を間違えた場合、それを隠匿したり誤魔化すと更に傷口が広がるが、すぐに報告して適切に措置すればリカバリーできるということを具体的に教養するものである。」旨の説明があった。

また、委員から、「平成30年度の運営重点や各部の主要な課題を踏まえた内容だと思うので、このように推進してほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「高い士気と厳正な規律を有する組織づくりは大事だと思うが、風通しの良い組織であることがベースになければならない。また、各部共通項目である殉職・受傷事故防止対策の推進は最も基本的なことであり、取組を徹底させてほしい。」旨の意見が出された。

刑事部関係事件について

刑事部長から、刑事部関係事件の発生及び検挙について報告があった。

【発生】

  • つくば市内における緊縛強盗事件(つくば中央署)

【検挙】

  • 茨城県内及び水戸市谷田町地内における傷害致死事件(水戸署)
  • 神栖市内における建造物侵入、強盗事件(神栖署)
  • オレオレ詐欺事件・受け子役被疑者の逮捕(水戸署・ニセ電話詐欺対策室)

委員から、「最近は、ニセ電話詐欺でキャッシュカードを被害者宅に取りに来る手口が多いが、被害者の協力により被疑者を逮捕しても、被害者は仕返しへの不安を感じると思うので、その後のフォローにも力を入れてほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「緊縛強盗事件は昼間に居宅に侵入しており、日中でも施錠が必要であると改めて広報啓発してほしい。ニセ電話詐欺事件では、職務質問を端緒に被疑者を逮捕したのはお手柄だったと思う。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「被害者がニセ電話詐欺を看破できたのは被害防止広報の効果もあると思うが、今後も積極的に広報してほしい。」旨の意見が出された。

行事等
警察署長会議の開催について
平成29年度茨城県来日外国人不法滞在・不法就労防止対策協議会総会の開催について

警務部長から、4月4日の警察署長会議の開催について報告があった。

警備部長から、3月22日の茨城県来日外国人不法滞在・不法就労防止対策協議会総会の開催について報告があった。

委員から、「不法滞在・不法就労防止について、対策協議会を通じて雇用者側の農家や事業者への啓発をしっかり行ってほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「不法就労全国最多という不名誉な状況を挽回するため、オール茨城で取り組んでほしい。」旨の意見が出された。

その他の報告・決裁等

警察本部担当者

警務課長、県民安心センター長、生活安全総務課長、交通総務課課長補佐、交通指導課長、運転免許センター長

報告・決裁等の概要
人事案件について

警務課から、人事案件について報告があった。

平成30年2月中における行政文書開示請求の受理及び開示状況について

県民安心センターから、2月中における行政文書開示請求の受理及び開示状況について報告があり、決裁した。

古物営業者等に対する行政処分(古物営業の停止)について

生活安全総務課から、古物営業者等に対する行政処分(古物営業の停止)について報告があり、決裁した。

安全運転管理者等講習業務委託の一般競争入札参加資格確認等について

交通総務課から、安全運転管理者等講習業務委託の一般競争入札参加資格確認等について報告があり、決裁した。

放置違反金の納付督促に対する審査請求の棄却及び放置違反金納付命令に対する審査請求の却下について

交通指導課から、放置違反金の納付督促に対する審査請求の棄却及び放置違反金納付命令に対する審査請求の却下について報告があり、決裁した。

停止処分者講習・違反者講習・高齢者講習・更新時講習・特定任意講習・指定自動車教習所職員講習業務委託の一般競争入札参加資格確認等について

運転免許センターから、停止処分者講習・違反者講習・高齢者講習・更新時講習・特定任意講習・指定自動車教習所職員講習業務委託の一般競争入札参加資格確認等について報告があり、決裁した。

通知業務(高齢者・違反者講習通知)委託の一般競争入札参加資格確認等について

運転免許センターから、通知業務(高齢者・違反者講習通知)委託の一般競争入札参加資格確認等について報告があり、決裁した。

認知機能検査業務委託の一般競争入札参加資格確認等について

運転免許センターから、認知機能検査業務委託の一般競争入札参加資格確認等について報告があり、決裁した。

運転免許関係事務委託にかかる入札参加資格の確認結果について

運転免許センターから、運転免許関係事務委託にかかる入札参加資格の確認結果について報告があり、決裁した。

自動車運転免許講習委託(取得時講習)・仮運転免許関係事務の業務委託に係る認定審査結果について

運転免許センターから、自動車運転免許講習委託(取得時講習)・仮運転免許関係事務の業務委託に係る認定審査結果について報告があり、決裁した。

平成30年度自動車運転免許講習(高齢者講習)業務委託について

運転免許センターから、平成30年度自動車運転免許講習(高齢者講習)業務委託について報告があり、決裁した。

平成30年度運転免許取得時講習・仮運転免許事務委託契約について

運転免許センターから、平成30年度運転免許取得時講習・仮運転免許事務委託契約について報告があり、決裁した。

運転免許証の更新に係る審査請求に関する審理官の指定及び弁明書について

運転免許センターから、運転免許証の更新に係る審査請求に関する審理官の指定及び弁明書について報告があり、決裁した。

運転免許証の更新に係る審査請求に関する裁決書について

運転免許センターから、運転免許証の更新に係る審査請求に関する裁決書について報告があり、決裁した。

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550 茨城県水戸市笠原町978-6 連絡先:029-301-0110(代表)

  • 委員長・委員のプロフィール
  • 茨城県運営重点
  • 国家公安委員会