定例会議の開催状況【平成30年3月28日(水曜日)】

日時

平成30年3月28日(水曜日)

このページのトップへ戻る

出席者

  • 公安委員会
    諸岡委員長、今委員、鬼澤委員
  • 警察本部
    警察本部長、警務部長、首席監察官、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、情報通信部長、総務課長

このページのトップへ戻る

審議事項

なし

このページのトップへ戻る

報告事項

平成30年第1回茨城県議会定例会開催結果について

警務部長から、平成30年第1回茨城県議会定例会開催結果について報告があった。

委員から、「児童虐待事案の対応に関する議員からの質問では、全国に先駆けて児童相談所との連携を強化している点について説明し周知できたことはよかったと思う。」旨の意見が出された。

また、委員から、「県警で重点課題としている項目に関する質問が多く、本部長の答弁が報道されることにより、警察活動の効果的な広報にもなっていると感じる。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「常任委員会において、本県警察行政におけるAI導入に向けた取組に関する質問があったが、どのような趣旨か。」旨の質問があり、警察本部長から、「他県でAIを活用した犯罪発生予測システムの導入について予算要求をしたとの報道があり、その点での当県の取組に関する質問であった。同様のシステムはあるが、他県の状況も見ながら、特に技術的な面で合理化、効率化を図っていきたい。」旨の説明があった。

刑事部関係事件について

刑事部長から、刑事部関係事件の検挙について報告があった。

【検挙】

  • オレオレ詐欺事件・受け子役被疑者の逮捕(結城署・ニセ電話詐欺対策室・機動捜査隊)
  • オレオレ詐欺事件・受け子役被疑者の逮捕(常総署・ニセ電話詐欺対策室)

委員から、「捜査員が不審者を発見し、職務質問により逮捕に結びついたことは素晴らしい。キャッシュカード交付型の事案は最近多発しているので、更に県民への広報啓発をしてほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「鋭敏な捜査感覚や職務質問の技術は大したものだと感心した。捜査員を賞揚してほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「県警は同様の手口について寸劇等で啓発しているが、更なる周知が必要である。未成年者が安易に受け子等の犯罪に手を染めないよう、対策を徹底してほしい。」旨の意見が出された。

改正道路交通法施行後1年間の状況について(平成30年3月11日現在)

交通部長から、改正道路交通法施行後1年間の状況について報告があった。

委員から、「民生委員は運転に不安のある高齢者の情報を得ている場合があるので、警察への情報提供を依頼し、それを運転免許証の自主返納促進に活用してはどうか。」旨の意見が出された。

また、委員から、「改正道路交通法の趣旨について、このような形で実効が上がってきたということであり、県民に広報してほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「現在の制度についてPDCAサイクルできちっとチェックし、改善の余地があるか検証することも必要だと思う。また、運転免許証の自主返納促進に当たり、地域ごとの交通事情にも配慮する必要があるのではないか。」旨の意見が出された。

交通部関係事件について

交通部長から、死亡ひき逃げ事件(つくば北署)の発生・検挙について報告があった。

委員から、「ひき逃げは絶対に許されないことであり、厳正に対処してほしい。」旨の意見が出された。

行事等
平成30年春の全国交通安全運動の実施について

交通部長から、4月6日から同月15日までの春の全国交通安全運動の実施について報告があった。

委員から、「推進事項のうち、通学路の合同点検については、子供達の目線を取り入れることも大切だと思う。」旨の意見が出された。

また、委員から、「新入学児童等に対する交通安全指導は最初の入口となるので、適切に行ってほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「運動の重点である高齢運転者の事故防止と飲酒運転の根絶は、当県でも重要な課題であり、しっかり取り組んでほしい。また、通勤・通学時間帯のパトカーによるレッド走行は効果的だと思うので、積極的に実施してほしい。」旨の意見が出された。

国体対策課発足式の実施について

警備部長から、4月2日の国体対策課発足式の実施について報告があった。

その他の報告・決裁等

警察本部担当者

首席監察官、総務課長、会計課長、県民安心センター長、生活安全総務課長、交通総務課長、交通指導課長、運転免許センター長

報告・決裁等の概要
公安委員会あて苦情の受理及び処理について

総務課から、公安委員会あて苦情の受理について報告があり、決裁した。

また、県民安心センターから、公安委員会あて苦情の処理について報告があり、決裁した。

審査請求に係る裁決書の作成及び裁決書謄本の送付について

総務課から、審査請求に係る裁決書の作成及び裁決書謄本の送付について報告があり、決裁した。

審査請求に係る反論書の受理について

総務課から、審査請求に係る反論書の受理について報告があり、決裁した。

定期監査等の結果について

会計課から、地方自治法の規定に基づく定期監査等の結果について報告があり、決裁した。

監察関係について

監察室から、監察関係について報告があった。

古物営業者に対する行政処分(古物営業の停止)について

生活安全総務課から、古物営業者に対する行政処分(古物営業の停止)について報告があり、決裁した。

茨城県地域交通安全活動推進委員の辞職承認について

交通総務課から、茨城県地域交通安全活動推進委員の辞職承認について報告があり、決裁した。

暴走族相談員の委嘱(案)について

交通指導課から、暴走族相談員の委嘱(案)について報告があり、決裁した。

運転免許技能試験官の指定について

運転免許センターから、運転免許技能試験官の指定について報告があり、決裁した。

運転免許証の更新に係る審査請求に関する審理官の指定及び弁明書について

運転免許センターから、運転免許証の更新に係る審査請求に関する審理官の指定及び弁明書について報告があり、決裁した。

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550 茨城県水戸市笠原町978-6 連絡先:029-301-0110(代表)

  • 委員長・委員のプロフィール
  • 茨城県運営重点
  • 国家公安委員会