定例会議の開催状況【平成30年4月4日(水曜日)】

日時

平成30年4月4日(水曜日)

このページのトップへ戻る

出席者

  • 公安委員会
    諸岡委員長、今委員、鬼澤委員
  • 警察本部
    警察本部長、警務部長、首席監察官、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、情報通信部長、総務課長

このページのトップへ戻る

審議事項

なし

このページのトップへ戻る

報告事項

平成29年度警察本部の行う会計監査の実施結果について

警務部長から、警察本部の行う会計監査の実施結果について報告があった。

委員から、「重大な指摘・注意事項はないものの軽微な指導事項がいくつかあり、昨年と比較してどうなのか。改善すべき点について検証し、ミスを減らす仕組を検討してほしい。」旨の意見が出され、警務部長から、「指導件数は昨年より減少している。」旨の説明があった。

また、委員から、「ダブルチェックを徹底すればミスは防げると思うので、担当者への意識付けを図ってほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「非違事案防止のため、今後も規律の厳正な保持に努めてほしい。」旨の意見が出された。

刑事部関係事件について

刑事部長から、刑事部関係事件の発生及び検挙について報告があった。

【発生・検挙】

  • 那珂市後台地内における金融機関強盗事件(那珂署)

【検挙】

  • オレオレ詐欺事件・受け子役被疑者の逮捕(土浦署・ニセ電話詐欺対策室)

委員から、「どちらの事案も現行犯逮捕ということだが、凶器を持った強盗犯を現行犯逮捕したことには感心した。オレオレ詐欺事件も、現行犯逮捕により『割に合わない』と犯人らに刷り込んでほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「いずれも現行犯逮捕できたのは、日頃のいろいろな準備や訓練の賜物だと思う。よく広報してほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「捜査効率上も、現行犯逮捕が一番よいと思うので、今後もよろしくお願いしたい。」旨の意見が出された。

交通事故発生状況について(平成30年3月末速報値)

交通部長から、3月末の交通事故発生状況について報告があった。

委員から、「茨城県で飲酒運転による死亡事故や高齢者死者数が多いことは、積極的な広報により県民への周知が進んできたと感じる。飲酒運転を許さない気運を醸成するため、更なる周知が大事である。」旨の意見が出された。

また、委員から、「社会的な働き方改革の推進により帰宅時間が早まる傾向にあると思うが、薄暮時に無灯火の車両が多く、危険を感じる。薄暮時間帯に帰宅する人に対し、ライトの早め点灯を改めて意識付けてほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「3月末の交通事故死者数は、過去10年間で最少だった平成27年と同数であり、更なる死亡事故抑止に努めてほしい。また、夜間の自動車による事故死者は若年層が多いので、高齢者の事故防止対策も当然重要だが、若年層についても対策を推進してほしい。」旨の意見が出された。

行事等
初任科第301期及び警察行政職員初任科第24期入校式の実施について

警務部長から、4月6日の初任科第301期及び警察行政職員初任科第24期入校式の実施について報告があった。

その他の報告・決裁等

警察本部担当者

総務課長、人身安全対策課長

報告・決裁等の概要
審査請求に係る弁明書の受領及び送付並びに反論書の提出要求について

総務課から、保有個人情報部分開示決定処分に対する審査請求に係る弁明書の受領及び送付並びに反論書の提出要求について報告があり、決裁した。

公安委員会あて苦情受理・処理状況(平成30年3月31日現在)

総務課から、3月末の公安委員会あて苦情受理・処理状況について報告があり、決裁した。

警察署協議会の開催結果について(平成30年第1回)について

総務課から、平成30年第1回警察署協議会の開催結果について報告があり、決裁した。

ストーカー規制法に基づく警告、禁止命令等の実施結果について

人身安全対策課から、3月中におけるストーカー規制法に基づく警告、禁止命令等の実施結果について報告があり、決裁した。

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550 茨城県水戸市笠原町978-6 連絡先:029-301-0110(代表)

  • 委員長・委員のプロフィール
  • 茨城県運営重点
  • 国家公安委員会