定例会議の開催状況【平成30年4月11日(水曜日)】

日時

平成30年4月11日(水曜日)

このページのトップへ戻る

出席者

  • 公安委員会
    諸岡委員長、今委員、鬼澤委員
  • 警察本部
    警察本部長、警務部長、首席監察官、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、情報通信部長、総務課長

このページのトップへ戻る

審議事項

なし

このページのトップへ戻る

報告事項

犯罪被害給付制度等の改正について

警務部長から、犯罪被害給付制度等の改正について報告があった。

委員から、「被害者の立場に立った制度の改正であり良いことだと思うので、このような被害者支援を警察でも行っているということについて、県民に周知してほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「被害者の実態に即した改正ということで理解した。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「親族間犯罪被害に係る減額事由等も見直されたが、最近は親族間の事件の報道が多いように感じる。制度の適切な運用をお願いしたい。」旨の意見が出された。

狩猟期における猟銃等に係る違反検挙状況等について(平成29年度中)

生活安全部長から、平成29年度の狩猟期における猟銃等に係る違反検挙状況等について報告があった。

委員から、「狩猟者は減っていると聞いたが、わな猟を中心に狩猟者登録数は増加していると分かった。銃猟の登録数は減少しているが、銃に対する県民の不安は大きいので、適正に管理されるよう警察でよく指導してほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「状況についてよく分かった。」旨の発言があった。

刑事部関係事件について

刑事部長から、刑事部関係事件の発生及び検挙について報告があった。

【検挙】

  • 水戸市大塚地内における現住建造物等放火事件(水戸署)
  • 家電量販店等対象の広域窃盗(万引き)事件(神栖署)

【発生・検挙】

  • JR東日本内原駅における強盗未遂事件(水戸署)

委員から、「いずれも検挙したということで、本当によかったと思う。」旨の意見が出された。

また、委員から、「広域窃盗事件は被害が176件に及んでおり、逮捕しなければ更に被害が続く可能性もあったので、逮捕の効果は大きいと思う。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「放火は、周囲に大きな被害を及ぼすおそれのある凶悪犯罪だが、今回はアパートの他の部屋に延焼等の被害はなかったのか。」旨の質問があり、刑事部長から、「不幸中の幸いで、被害者の居室以外には被害が及ばなかった。」旨の説明があった。

不法就労の現状について

警備部長から、不法就労の現状について報告があった。

委員から、「不法就労者の職種別では、茨城では農業従事者の割合が圧倒的に高いが、農家等の雇用者側に対し、不法就労と知りながら雇用することは違法であること、在留カード等の確認を徹底することなどについて、更にしっかりと認識させる必要がある。」旨の意見が出された。

また、委員から、「課題は多いと思うが、検挙・摘発人員は前年同期より増加しているので、今後も頑張ってほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「茨城県は北海道に次ぐ農業生産量であり、外国人に労働力を頼っている面があるが、雇用者側がきちっとルールを守るように、行政とも連携して指導してほしい。」旨の意見が出された。

行事等
交番等開所式の実施について

地域部長から、3交番・4駐在所の開所式の実施について報告があった。

委員から、「休憩室やトイレ等の女性用施設が交番に整備されることは喜ばしいことである。予算の制約はあると思うが、女性警察官の活躍推進のため、今後も整備していってほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「交番・駐在所の建替えは良いことだと思うが、交番等の位置が奥まっているなど分かりにくい場合や目立たないものもあるので、初めて訪れる人でもすぐに分かるよう、建物の塗色や案内板等を夜間でも目立つように工夫する必要があるのではないか。」旨の意見が出され、地域部長から、「今後の建替えに際しては、その点も検討していきたい。」旨の説明があった。

その他の報告・決裁等

警察本部担当者

総務課長、県民安心センター長、生活安全総務課長、組織犯罪対策課長、運転免許センター長、警備課長

報告・決裁等の概要
警察署協議会委員の委嘱について

総務課から、解嘱となった警察署協議会委員の後任委員の委嘱について報告があり、決裁した。

行政文書開示請求の受理及び開示状況について

県民安心センターから、3月中の行政文書開示請求の受理及び開示状況について報告があり、決裁した。

古物営業者に対する行政処分(営業停止)について(案)

生活安全総務課から、古物営業者に対する行政処分(営業停止)について報告があり、決裁した。

茨城県金属くず取扱業に関する条例施行規則の一部改正(案)について

生活安全総務課から、茨城県金属くず取扱業に関する条例施行規則の一部改正(案)について報告があり、決裁した。

関東関根組の第1回指定に係る確認結果通知書の受理について

組織犯罪対策課から、関東関根組の第1回指定に係る確認結果通知書を国家公安委員会から受理したことについて報告があり、決裁した。

関東関根組の第1回指定に係る官報掲載事項連絡書(案)及び茨城県公安委員会告示文(案)並びに指定通知書(案)の作成について

組織犯罪対策課から、官報掲載事項連絡書(案)及び茨城県公安委員会告示文(案)並びに指定通知書(案)の作成について報告があり、決裁した。

指定自動車教習所における不適正教習事案に係る調査結果及び行政処分について

運転免許センターから、指定自動車教習所における不適正教習事案に係る調査結果及び行政処分について報告があり、決裁した。

指定自動車教習所における教習課程の指定について

運転免許センターから、指定自動車教習所における教習課程の指定について報告があり、決裁した。

集会・集団行進・集団示威運動専決許可状況について

警備課から、3月中の集会・集団行進・集団示威運動専決許可状況について報告があり、決裁した。

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550 茨城県水戸市笠原町978-6 連絡先:029-301-0110(代表)

  • 委員長・委員のプロフィール
  • 茨城県運営重点
  • 国家公安委員会