定例会議の開催状況【平成30年4月18日(水曜日)】

日時

平成30年4月18日(水曜日)

このページのトップへ戻る

出席者

  • 公安委員会
    諸岡委員長、今委員、鬼澤委員
  • 警察本部
    警察本部長、警務部長、首席監察官、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、情報通信部長、総務課長

このページのトップへ戻る

審議事項

なし

このページのトップへ戻る

報告事項

訓戒等処分結果について(平成30年1月〜3月)

首席監察官から、1月から3月中の訓戒等処分結果について報告があった。

委員から、「警察の業務は大変なのでストレスもあると思うが、それが非違事案につながらないよう風通しの良い職場環境づくりが大切である。失敗等について、本人はもちろん、報告を受けた上司もすぐに組織に乗せて対応するよう、指導を徹底してほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「今後も、非違事案を極力抑止するよう努めてほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「滋賀県警の事案もあり、若手警察官を対象とした指導教養の徹底が大事だと思うが、最近パワーハラスメントも問題となっており、誤解されないような指導をしてほしい。」旨の意見が出された。

刑法犯(重要犯罪・重要窃盗犯)の認知・検挙状況及び重点犯罪対策の推進状況について(平成30年3月末暫定値)

刑事部長及び生活安全部長から、3月末の刑法犯(重要犯罪・重要窃盗犯)の認知・検挙状況及び重点犯罪対策の推進状況について報告があった。

委員から、「県警は抑止や検挙に努力しているが、住宅侵入窃盗の犯罪率がいまだ全国ワーストであるのは残念である。市町村等と連携して住宅防犯診断を積極的に推進し、県民の防犯意識の高揚を図ることも重要である。」旨の意見が出された。

また、委員から、「これまで実施した重要犯罪の対策について、いわゆるPDCAサイクルにより効果と課題を検証し、今後の対策に生かしてほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「重要窃盗犯の検挙率が前年同期より低下しているが、県民の安全・安心のため、検挙率向上に努めてほしい。自動車盗では、狙われやすい車種について広報し注意喚起することも必要である。」旨の意見が出された。

キャッシュカード手交型を始めとするニセ電話詐欺の現状と対策について

刑事部長から、キャッシュカード手交型を始めとするニセ電話詐欺の現状と対策について報告があった。

委員から、「オレオレ詐欺については県民に浸透しているが、キャッシュカード手交型は最近の手口であり知らない人もまだ多いので、マスコミの協力を得て大々的に広報する必要があるのではないか。」旨の意見が出された。

また、委員から、「敵も然る者で、ある程度対策が浸透してくると新たな手口が発生する。知っていれば対策も取れるので、被害防止のためには、各種広報媒体を活用し県民に周知徹底することが重要である。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「警察でも寸劇等を行って新たな手口の周知を図っているが、マスコミでも危機感を持っていると思うので、協力を得て更に積極的に広報してほしい。」旨の意見が出された。

刑事部関係事件について

刑事部長から、刑事部関係事件の発生及び検挙について報告があった。

【発生】

  • 会社事務所における持凶器強盗事件(行方署)

【発生・検挙】

  • 会社事務所における殺人未遂事件(つくば中央署)

委員から、「つくばの事件では、発生後短時間で被疑者を緊急逮捕しており、住民の不安感の解消につながったと思う。」旨の意見が出された。

また、委員から、「行方の事件についても、被疑者の早期逮捕をお願いしたい。」旨の意見が出された。

行事等
平成30年春の全国交通安全運動の実施結果について(平成30年4月6日〜同月15日)

交通部長から、4月6日から同月15日の間に実施した春の全国交通安全運動の実施結果について報告があった。

委員から、「通学路の合同点検により把握した危険箇所については、道路管理者等に積極的に働きかけ、早期改善を図ってほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「期間中の死亡事故は2件で前年より減少しており、県警の取組が抑止に効果をあげたものと思う。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「交通指導取締りでは、シートベルトの違反件数が非常に多く、全席装着がまだ徹底されていない状況が表れている。更なる取締りを推進してほしい。」旨の意見が出された。

その他の報告・決裁等

警察本部担当者

地域部長、総務課長、生活安全総務課長、組織犯罪対策課長、交通総務課長、交通規制課長

報告・決裁等の概要
公安委員会あて苦情の受理及び処理について

総務課から、公安委員会あて苦情の受理について、また交通規制課から、公安委員会あて苦情の処理について報告があり、決裁した。

本会議、常任委員会及び予算特別委員会等への出席について

総務課から、本会議、常任委員会及び予算特別委員会等への出席について報告があり、決裁した。

古物営業者に対する行政処分(許可取消し)(案)について

生活安全総務課から、古物営業者に対する行政処分(許可取消し)(案)について報告があり、決裁した。

今後建築予定の交番等の外壁の塗色について

地域課から、前回定例会議で委員から意見が出された、今後建築予定の交番等の外壁の塗色について説明があった。

不当要求防止責任者講習委託契約について

組織犯罪対策課から、不当要求防止責任者講習委託契約について報告があり、決裁した。

交通部関係公安委員会事務専決状況(平成30年第1四半期)の報告について

交通総務課から、交通部関係公安委員会事務専決状況(平成30年第1四半期)について報告があり、決裁した。

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550 茨城県水戸市笠原町978-6 連絡先:029-301-0110(代表)

  • 委員長・委員のプロフィール
  • 茨城県運営重点
  • 国家公安委員会