定例会議の開催状況【平成29年5月10日(水曜日)】

日時

平成29年5月10日(水曜日)

このページのトップへ戻る

出席者

  • 公安委員会
    鬼澤委員長、諸岡委員、今委員
  • 警察本部
    警察本部長、警務部長、首席監察官、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、情報通信部長、総務課長

このページのトップへ戻る

審議事項

なし

このページのトップへ戻る

報告事項

平成28年度茨城県留置施設視察委員会の年間活動状況について

警務部長から、平成28年度茨城県留置施設視察委員会の年間活動状況について報告があった。

委員から、「視察委員からの意見等について、全てに対応することは難しい面もあると思うが、改善に向け努力していることは評価したい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「留置担当官は負担が大きい仕事なので、ストレスを軽減できるような勤務環境づくりに配意してほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「被留置者の意見・提案等に対しては、問題があるものを除いて、できるだけ対応してほしい。」旨の意見が出された。

刑事部関係事件について

刑事部長から、刑事部関係事件の発生及び検挙について報告があった。

【発生】

  • 牛丼チェーン店「すき家」における強盗未遂事件(神栖署)

【発生・検挙】

  • 被疑者方居宅内における嬰児被害の死体遺棄事件(水戸署)

【検挙】

  • ニセ電話詐欺事件・受け子役被疑者の逮捕(鹿嶋署)

委員から、「ニセ電話詐欺事件について、警戒中の警察官が被疑者を発見し職務質問の上逮捕したということは、大変よかったと思う。」旨の意見が出された。

また、委員から、「警戒中の警察官の鋭敏な捜査感覚により被疑者を逮捕できたのは素晴らしいと思うので、好事例としてほかの警察官にも参考にしてほしい。」旨の意見が出され、刑事部長から、「各警察署にも周知して情報共有していく。」旨の説明があった。

さらに、委員から、「神栖署の事件は、被害者に怪我がなかったのは不幸中の幸いだった。被疑者の早期検挙に努めてほしい。」旨の意見が出された。

交通事故発生状況について(平成29年4月末 速報値)

交通部長から、4月末の交通事故発生状況について報告があった。

委員から、「交通事故死者数が前年より12名減少したのは県警の努力の成果だと思うが、依然として高いレベルで推移しており、特に飲酒運転による死亡事故が多いので、広報啓発も含めオール茨城で取り組んでほしい。また、県医師会では、認知症の疑いある高齢者の運転免許証の自主返納に関してPRに努めており、県警も更に推進してほしい。運転免許証の所持者は運転する権利だけでなく、他人を傷つけない義務があることを肝に銘じてもらいたい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「自主返納について少しずつ浸透しつつあるが、返納後の生活の不便さについての返納者の声を聞いた。行政と連携し、代替交通手段の整備等により返納者の利便性の向上を図る必要があると実感した。」旨の意見が出され、交通部長から、「市町村により取組に温度差があり、引き続き働きかけを行っていく。」旨の説明があった。

さらに、委員から、「全体としては前年より減少しており改善傾向にあるが、全国的に見ると依然ワーストであり、各種対策を強化してほしい。最近特に目立つのが、運転中のスマートフォンの使用であり、毎日のように見かけるので、重大な事故が発生しないよう取締りを厳しく行ってほしい。」旨の意見が出され、交通部長から、「携帯電話使用違反の検挙数は増加しており、引き続き取締りを強化していく。」旨の説明があった。

行事等
ニセ電話詐欺対策会議の開催について

生活安全部長から、5月18日のニセ電話詐欺対策会議について報告があった。

委員から、「金融機関により取組に温度差があるので、協力依頼の働きかけを更に推進してほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「ニセ電話詐欺で悪用される電子マネーについて知らない県民もまだおり、周知が不十分であると感じるので、更なる周知に努めてほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「ニセ電話詐欺の手口は時代とともに変化しており、それに応じた対策が必要である。金融機関の窓口で高額を払い出す客には必ず声かけをして、息子や孫の元の電話番号に架けて確認するよう、この会議においても更なる指導をお願いしたい。」旨の意見が出された。

このページのトップへ戻る

その他の報告・決裁等

警察本部担当者

留置管理課長、県民安心センター長、生活安全総務課長、少年課管理官、人身安全対策課長、交通総務課長、運転免許センター長、警備課長

報告・決裁等の概要
平成29年度茨城県留置施設視察委員会委員の任命式の開催について

留置管理課から、平成29年度茨城県留置施設視察委員会委員の任命式の開催について報告があり、決裁した。

平成29年4月中における行政文書開示請求の受理及び開示状況について

県民安心センターから、平成29年4月中における行政文書開示請求の受理及び開示状況について報告があり、決裁した。

公安委員会あて苦情の処理について

県民安心センター及び生活安全総務課から、公安委員会あて苦情の処理について報告があり、決裁した。

生活安全部関係公安委員会専決事務取扱状況(第1四半期)について

生活安全総務課から、第1四半期における生活安全部関係公安委員会専決事務取扱状況について報告があり、決裁した。

茨城県公安委員会が定める審査基準及び処分基準の改定について

生活安全総務課から、茨城県公安委員会が定める審査基準及び処分基準の改定について報告があり、決裁した。

茨城県少年指導委員の追加委嘱について

少年課から、茨城県少年指導委員の追加委嘱について報告があり、決裁した。

警告実施報告(ストーカー規制法関係)

人身安全対策課から、ストーカー規制法に基づく警告の実施について報告があり、決裁した。

ストーカー規制法第5条第1項に規定する禁止命令に係る聴聞の実施について

人身安全対策課から、ストーカー規制法に規定する禁止命令に係る聴聞の実施について報告があり、決裁した。

茨城県地域交通安全活動推進委員の委嘱(案)について

交通総務課から、茨城県地域交通安全活動推進委員の委嘱(案)について報告があり、決裁した。

運転免許証の更新に係る審査請求に関する裁決書について

運転免許センターから、運転免許証の更新に係る審査請求に関する裁決書について報告があり、決裁した。

集会・集団行進・集団示威運動専決許可状況について

警備課から、4月中の集会・集団行進・集団示威運動専決許可状況について報告があり、決裁した。

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550 茨城県水戸市笠原町978-6 連絡先:029-301-0110(代表)

  • 委員長・委員のプロフィール
  • 茨城県運営重点
  • 国家公安委員会