定例会議の開催状況【平成29年5月24日(水曜日)】

日時

平成29年5月24日(水曜日)

このページのトップへ戻る

出席者

  • 公安委員会
    鬼澤委員長、諸岡委員、今委員
  • 警察本部
    警察本部長、警務部長、首席監察官、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、情報通信部長、総務課長

このページのトップへ戻る

審議事項

なし

このページのトップへ戻る

報告事項

ヤード条例施行後の取締等推進状況について(平成29年5月21日現在)

生活安全部長から、4月1日のヤード条例施行後の取締等推進状況について報告があった。

委員から、「県議会でもヤード対策に関する質問が出るなど関心が集まっており、茨城の自動車盗ワースト1の汚名を返上するため、県の廃棄物対策課とも連携しながら違法行為の摘発を推進してほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「県民に対してヤード条例を十分周知し、自動車盗に関する県民からの情報提供を促進することも必要である。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「条例施行後からこの期間に実態把握や調査が進んでおり、順調なスタートを切ったと思うので、今後もヤード対策を適切に推進してほしい。」旨の意見が出された。

生活安全部関係事件について

生活安全部長から、男子中学生による小学校低学年女児に対する強制わいせつ被疑事件(取手署)の検挙について報告があった。

委員から、「子供が被害に遭う様々な事件が起きており、保護者の不安を解消するためにも背景を明らかにしてほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「このような犯罪は許されることではないが、被疑少年の家庭環境や学校生活も含めて問題点を明らかにし、更生についても配慮をお願いしたい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「このような事件が起きたのは大変残念なことであるが、十分に捜査してほしい。」旨の意見が出された。

夏期における水難事故防止対策について

地域部長から、6月1日から8月31日までの3か月間に実施する夏期における水難事故防止対策について報告があった。

委員から、「ヘッドランド周辺の危険性については以前から話題になっており、警察でも管理者への看板設置の働きかけや広報啓発に努めているが、更に推進して県民等への意識付けを図ってほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「インターネット上で、『茨城のヘッドランド周辺は魚等が非常によく釣れる』等の書込みを見て人が集まってくるようなので、県警も、インターネットを含めたあらゆる媒体を活用した広報啓発を行ってはどうか。」旨の意見が出され、地域部長から、「県警ホームページやツイッター、ひばりくん防犯メール等も活用した広報啓発活動を推進していく。」旨の説明があった。

さらに、委員から、「ヘッドランドについてよく知らない県民もいると思うので、更なる周知をお願いしたい。」旨の意見が出された。

刑事部関係事件について

刑事部長から、刑事部関係事件の検挙について報告があった。

【検挙】

  • ニセ電話詐欺事件・勧誘役被疑者の逮捕(太田署)
  • 暴力団幹部による拳銃加重所持及び覚醒剤営利目的所持等事件〜千葉県・茨城県警察共同捜査(神栖署・薬物銃器対策課)

委員から、「ニセ電話詐欺事件は、突き上げ捜査により勧誘役を逮捕できてよかった。」旨の意見が出された。

また、委員から、「神栖警察署は4月に開署したばかりだが、頑張っていると感じた。引き続き、暴力団関係者等も厳しく取り締まってほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「暴力団幹部らの逮捕はインパクトがある。今後も検挙活動を推進してほしい。」旨の意見が出された。

暴力団情勢について

刑事部長から、暴力団情勢について報告があった。

委員から、「松葉会、神戸山口組はどちらも内部対立状態であり、警戒の強化と県民の安全確保に努めてほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「街中や学校付近にまで暴力団事務所がある状況で県民は生活しており、その不安解消のため、暴力団壊滅に向けた取締りを強力に推進してほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「暴力団対策はこのところ着実に進んでいると実感しているが、内部対立状態で不安定な情勢であり、十分に警戒して対策を講じてほしい。」旨の意見が出された。

行事等
国家公安委員会委員の本県視察について

警務部長から、5月29日の北島国家公安委員会委員の本県視察について報告があった。

このページのトップへ戻る

その他の報告・決裁等

警察本部担当者

地域部長、人身安全対策課長、地域課長、交通総務課長

報告・決裁等の概要
公安委員会あて苦情の処理について

人身安全対策課及び地域課から、公安委員会あて苦情の処理について報告があり、決裁した。

ストーカー規制法第5条第1項に規定する禁止命令について

人身安全対策課から、ストーカー規制法第5条第1項に規定する禁止命令について報告があり、決裁した。

警告実施報告(ストーカー規制法関係)

人身安全対策課から、ストーカー規制法に基づく警告の実施について報告があり、決裁した。

土浦警察署荒川沖交番の建て替えについて

地域部長から、土浦警察署荒川沖交番の建て替えについて説明があった。

平成27年中の交通事故統計数値の修正について

交通総務課から、平成27年中の交通事故統計数値の修正について報告があった。

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550 茨城県水戸市笠原町978-6 連絡先:029-301-0110(代表)

  • 委員長・委員のプロフィール
  • 茨城県運営重点
  • 国家公安委員会