定例会議の開催状況【平成29年6月14日(水曜日)】

日時

平成29年6月14日(水曜日)

このページのトップへ戻る

出席者

  • 公安委員会
    鬼澤委員長、諸岡委員、今委員
  • 警察本部
    警察本部長、警務部長、首席監察官、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、情報通信部長、総務課長

このページのトップへ戻る

審議事項

茨城県公安委員会事務専決規程の一部改正(案)について

交通部長から、緊急時の交通の規制及びその周知の措置や制限外牽引の許可等の専決に関する茨城県公安委員会事務専決規程の一部改正(案)について報告があった。

委員から、「地震災害や原子力緊急事態など、緊急時の交通規制等に問題が生じないよう対応してほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「緊急時の交通規制等の専決の定めに関する改正ということであり、このような形で進めてほしい。」旨の意見が出された。

以上の審議を踏まえ、原案どおり了承された。

このページのトップへ戻る

報告事項

平成28年度の非行防止教室実施状況について

生活安全部長から、平成28年度の非行防止教室実施状況について報告があった。

委員から、「規範意識に関する教育まで警察でやらなければならないのかとも思うが、子供のうちから常識や道徳も含めて教育することは大事である。保護者が子供に教えるのが基本であるが、権利と義務など保護者に対する指導も必要だと思う。」旨の意見が出された。

また、委員から、「今の子供はスマートフォンに触れる機会が多いので、インターネット利用には危険も潜んでいるということをしっかり認識させる必要がある。また、カリキュラムの都合上、非行防止教室の時間確保が難しい場合には、教員を通じた指導も重要であり、学校側とよく連携してほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「幅広い内容で実施していると改めて感じた。非行防止教室の実施により、子供から保護者に内容が伝わることも期待できるのではないか。特にインターネットに潜む危険性など、警察でないと分からない部分についてはしっかり指導してほしい。」旨の意見が出された。

生活安全部関係事件について

生活安全部長から、小学校教諭による職員用女子更衣室内における盗撮事件(境署)の検挙について報告があった。

委員から、「公務員がこのような犯罪を犯したことは言語道断である。」旨の意見が出された。

刑事部関係事件について

刑事部長から、刑事部関係事件の発生及び検挙について報告があった。

【発生】

  • コンビニエンスストアに対する持凶器強盗事件(大宮署)

【発生・検挙】

  • オーストラリア国籍元交際相手による未成年者略取事件(土浦署)

【検挙】

  • ニセ電話詐欺事件・現金回収役被疑者の逮捕(太田署)
  • ニセ電話詐欺事件・受け子役被疑者の逮捕(石岡署)
  • ニセ電話詐欺事件・受け子役被疑者の逮捕(牛久署)

委員から、「コンビニの防犯カメラ画像は重要な手がかりになるので、より画質の良いカメラの設置を今後も店側に働きかけてほしい。ニセ電話詐欺事件では、突き上げ捜査と騙されたふり作戦の効果が出ており、更に推進してほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「突き上げ捜査を積み重ねて他県発生の事件や数年前の事件も検挙しており、苦労したと思うが、今後も着実に捜査を続けてほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「現金回収役の逮捕はあまり耳にしないが、受け子とはどう違うのか。」旨の質問があり、刑事部長から、「被害者から金を受け取った受け子から現金を回収するのが現金回収役である。」旨の説明があった。

行事等
第二機動隊及び女性警察官特別機動隊訓練の実施について

警備部長から、6月22日、23日及び27日に実施する第二機動隊及び女性警察官特別機動隊訓練について報告があった。

委員から、「花火大会等でのDJポリスの活躍は聞いているが、道路封鎖排除要領等についても、事故なく対応できるようによく訓練してほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「先日、大洗で被曝事案が発生した際には、施設側が対応に手間取った点が問題視されているが、突発的な事態にも速やかに対応できるように訓練を繰り返し実施してほしい。」旨の意見が出された。

このページのトップへ戻る

その他の報告・決裁等

警察本部担当者

総務課長、少年課長、人身安全対策課長、運転免許センター長

報告・決裁等の概要
境警察署協議会委員の委嘱について

総務課から、境警察署協議会委員の委嘱について報告があり、決裁した。

少年指導委員の追加委嘱について

少年課から、少年指導委員の追加委嘱について報告があり、決裁した。

警告実施報告(ストーカー規制法関係)

人身安全対策課から、ストーカー規制法に基づく警告の実施について報告があり、決裁した。

運転免許取消処分に対する審査請求に関する調査結果について

運転免許センターから、運転免許取消処分に対する審査請求に関する調査結果について報告があり、決裁した。

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550 茨城県水戸市笠原町978-6 連絡先:029-301-0110(代表)

  • 委員長・委員のプロフィール
  • 茨城県運営重点
  • 国家公安委員会