定例会議の開催状況【平成29年7月19日(水曜日)】

日時

平成29年7月19日(水曜日)

このページのトップへ戻る

出席者

  • 公安委員会
    鬼澤委員長、諸岡委員、今委員
  • 警察本部
    警察本部長、警務部長、首席監察官、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、情報通信部長、総務課長

このページのトップへ戻る

審議事項

なし

このページのトップへ戻る

報告事項

訓戒等処分結果について(平成29年4月〜6月)

首席監察官から、4月から6月の訓戒等処分結果について報告があった。

委員から、「紛失事案や速度超過などの非違事案の発生は残念である。ガバナンスをしっかりお願いしたい。」旨の意見が出され、首席監察官から、「身上把握・指導を始め各種対策に取り組み、再発防止に努めたい。」旨の説明があった。

また、委員から、「職場で保管すべき物品を自宅等に持ち出すことのないよう、職員への指導を再度徹底してほしい。全体として処分者数は前年比で減少しているが、更なる抑止に努めてほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「過失による事案などはやむを得ない面もあるが、重大な事案については再発防止対策を徹底してほしい。」旨の意見が出された。

少年非行の概況について(平成29年上半期 暫定値)

生活安全部長から、平成29年上半期の少年非行の概況について報告があった。

委員から、「刑法犯総検挙人員に占める少年の割合は減少し、再犯者率も低下はしているが全国平均をやや上回っており、更に抑止するためオール茨城で取り組んでほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「中学生による非行や、犯罪に巻き込まれる危険性のある深夜はいかいについて懸念しており、補導活動等を推進してほしい。また、安易にニセ電話詐欺事件の受け子等の犯罪に手を染めないよう、学校等とも連携した指導が必要である。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「全体として少年非行の件数は減少しており、補導等の警察活動の成果だと思う。少年の規範意識の醸成には、家庭と学校の取組が重要であり、警察も協力してほしい。」旨の意見が出された。

生活安全部関係事件について

生活安全部長から、現住建造物等放火未遂被疑事件の検挙(古河署)について報告があった。

死体取扱状況について(平成29年上半期)

刑事部長から、平成29年上半期の死体取扱状況について報告があった。

委員から、「平成25年から県西方面班を運用しているが、検視官の人数は足りているのか。」旨の質問があり、刑事部長から、「検視体制を強化しており、後継者育成にも取り組んでいる。」旨の説明があった。

また、委員から、「先日他県で、睡眠薬を混入された後に交通事故死した事案が明らかになったが、交通事故の場合も犯罪死を見逃さないようにしてほしい。」旨の意見が出され、交通部長から、「交通事故死についても全て検視を行い、必要に応じて薬物検査も実施している。」旨の説明があった。

さらに、委員から、「犯罪死の見逃しや、逆に自殺等を犯罪死と見誤ることを防ぐために、検視官の職務は非常に重要だと感じている。」旨の意見が出された。

暴力団犯罪の検挙状況について(平成29年上半期)

刑事部長から、平成29年上半期の暴力団犯罪の検挙状況について報告があった。

委員から、「暴力団対策は資金源を断つことが重要であり、資金源となる犯罪の取締りを徹底しなければならない。」旨の意見が出された。

また、委員から、「各種対策により暴力団の資金獲得が難しくなっており、新たな手法を展開してくるおそれがあるが、徹底的に取り締まり、市民への影響を排除してほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「暴力団に関する法整備等の効果が表れているが、今後も各種対策を強力に推進してほしい。」旨の意見が出された。

刑事部関係事件について

刑事部長から、刑事部関係事件の検挙について報告があった。

【検挙】

  • 龍ケ崎市羽原町地内における男性被害殺人・死体遺棄事件〜被疑者の書類送致(竜ケ崎署)
  • ニセ電話詐欺事件・受け子役被疑者の逮捕(竜ケ崎署)
  • ニセ電話詐欺事件・受け子役被疑者の逮捕(つくば中央署)

委員から、「竜ケ崎の殺人・死体遺棄事件に関しては報道でも取り上げられており、概要については了解した。ニセ電話詐欺の手口については、県民に対して更に注意喚起する必要がある。」旨の意見が出された。

また、委員から、「ニセ電話詐欺の被害を警察に届出していない人もいると思うので、被害が潜在化しないよう届出を促す広報啓発も必要ではないか。」旨の意見が出された。

警備情勢について

警備部長から、県内御通過警衛警備の実施について報告があった。

委員から、「十分な警備をお願いしたい。」旨の意見が出された。

行事等
平成29年度茨城県警察通信指令競技会の開催について

地域部長から、8月1日から3日までの3日間に開催される通信指令競技会について報告があった。

各委員から、「職員のスキルアップを図ってほしい。」旨の意見が出された。

このページのトップへ戻る

その他の報告・決裁等

警察本部担当者

公安課長

報告・決裁等の概要
特定秘密の保護措置状況等について

公安課から、特定秘密の保護措置状況等について報告があり、決裁した。

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550 茨城県水戸市笠原町978-6 連絡先:029-301-0110(代表)

  • 委員長・委員のプロフィール
  • 茨城県運営重点
  • 国家公安委員会