定例会議の開催状況【平成29年10月18日(水曜日)】

日時

平成29年10月18日(水曜日)

このページのトップへ戻る

出席者

  • 公安委員会
    諸岡委員長、今委員、鬼澤委員
  • 警察本部
    警察本部長、警務部長、首席監察官、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、情報通信部長、総務課長

このページのトップへ戻る

審議事項

なし

このページのトップへ戻る

報告事項

随時監察の実施結果について(平成29年7月〜9月)

首席監察官から、7月から9月の随時監察の実施結果について報告があった。

委員から、「留置管理の順守状況について指摘事項があるが、留置管理の担当者は非常に厳しい勤務状況にあると感じており、周囲のフォローにより士気向上を図り非違事案防止につなげてほしい。指導・指摘事項については全所属に周知し、他所属で同様の指摘を受けることがないよう浸透させてほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「再発防止対策としては、知らなかったということであれば教育・教養を行えばいいが、知っていて守られなかったという場合が問題であり、対策について横展開して全署で共有してほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「駐在所等備付けの呼出電話機については、勤務員不在時でも緊急の来所者が本署と連絡をとるのに利用できるよう、よく整備しておく必要がある。」旨の意見が出された。

ヤード対策推進状況について(条例施行後6か月・平成29年9月末現在)

生活安全部長から、条例施行後6か月のヤード対策推進状況について報告があった。

委員から、「ヤード条例に基づく立入り等と自動車盗の検挙が比例するのが理想だが、全国初の画期的な条例であり、有効活用して犯罪を減少させてほしい。」旨の意見が出され、生活安全部長から、「自動車盗は減少傾向にあり、更にヤード対策を強化して減少させていきたい。」旨の説明があった。

また、委員から、「今後の取組に掲げられた対策を推進していけば、自動車盗は必ず減少していくと思う。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「これからも県廃棄物対策課や労働基準監督署と連携し、合同立入りを積極的に実施してほしい。」旨の意見が出された。

夏祭り等における安全対策実施結果について

地域部長から、7月1日から10月7日の間の夏祭り等における安全対策実施結果について報告があった。

委員から、「催事における警察官の規制・誘導を見かけたが、丁寧な説明や巧みな話術により適切に誘導しており感心した。市民が楽しく過ごしている時間に警察官が裏方で頑張っていることに感謝している。」旨の意見が出された。

また、委員から、「人出数が前年より増加したのに伴い、遺失・拾得や迷子の取扱いも増加したので大変だったと思う。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「主な催事では比較的天気が良かったため人出数も増えたと思うが、大きな事件・事故がなかったのは何よりである。DJポリスの広報要領について更なるスキルアップを図ってほしい。」旨の意見が出された。

刑事部関係事件について

刑事部長から、刑事部関係事件の発生及び検挙について報告があった。

【発生】

  • 水戸市谷田町地内における変死事案(水戸署)

【検挙】

  • 鹿行地区を中心とした連続窃盗(事務所荒し・倉庫荒し等)事件(捜査第三課・鹿嶋・行方署合同捜査班)
  • オレオレ詐欺事件・受け子勧誘、斡旋役被疑者の逮捕(土浦署他6署・ニセ電話詐欺対策室)
  • オレオレ詐欺事件・受け子管理、報酬供与役被疑者の逮捕(太田署・ニセ電話詐欺対策室)

委員から、「オレオレ詐欺事件の突き上げ捜査が実ってきたと感じるが、今後も厳しく追及してほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「鹿行地区を中心とした連続窃盗犯を検挙し、多数の余罪を解決したので検挙率も向上したと思う。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「鹿行地区の窃盗事件は若年層の被疑者であり残念だが、十分罪を償い更生することを願っている。ニセ電話詐欺に関しては、更なる上位被疑者の検挙を目指し、今後も突き上げ捜査を徹底してほしい。」旨の意見が出された。

交通部関係事件について

交通部長から、死亡ひき逃げ事件(神栖署)の発生・検挙について報告があった。

委員から、「ひき逃げ事件の発生は残念である。逃げるのは許されないことであり、厳罰に処されるよう捜査を徹底してほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「ひき逃げは厳罰化されているが、絶対に逃げてはいけないこと、ひき逃げは必ず捕まるということを更に広報してほしい。」旨の意見が出された。

平成29年度航空観閲式開催に伴う警備実施について

警備部長から、10月29日の航空観閲式開催に伴う警備実施について報告があった。

委員から、「例年、会場周辺の道路が非常に混雑するため、事件事故のないようにお願いしたい。」旨の意見が出された。

行事等
平成29年「暴力追放茨城県民大会」の開催について

刑事部長から、11月1日の暴力追放茨城県民大会の開催について報告があった。

このページのトップへ戻る

その他の報告・決裁等

警察本部担当者

県民安心センター長、刑事総務課長、警備課長

報告・決裁等の概要
警察あて苦情の受理及び処理状況について(平成29年9月末現在)

県民安心センターから、9月末の警察あて苦情の受理及び処理状況について報告があり、決裁した。

平成29年9月末における行政文書開示請求の受理及び開示状況について

県民安心センターから、9月末における行政文書開示請求の受理及び開示状況について報告があり、決裁した。

公安委員会あて苦情の処理について

刑事総務課から、公安委員会あて苦情の処理について報告があり、決裁した。

集会・集団行進・集団示威運動専決許可状況について

警備課から、9月中の集会・集団行進・集団示威運動専決許可状況について報告があり、決裁した。

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550 茨城県水戸市笠原町978-6 連絡先:029-301-0110(代表)

  • 委員長・委員のプロフィール
  • 茨城県運営重点
  • 国家公安委員会