定例会議の開催状況【平成29年11月22日(水曜日)】

日時

平成29年11月22日(水曜日)

このページのトップへ戻る

出席者

  • 公安委員会
    諸岡委員長、今委員、鬼澤委員
  • 警察本部
    警察本部長、警務部長、首席監察官、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、情報通信部長、総務課長

このページのトップへ戻る

審議事項

平成30年茨城県警察運営重点(案)について

警務部長から、平成30年茨城県警察運営重点(案)について説明があった。

委員から、「犯罪の傾向等を踏まえて策定したものであるので、このとおりに進めていただきたい。特に、犯罪弱者を守るための能動的対応は、引き続きしっかり取り組んでほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「フレームワークという考え方は、物事の本質を正しく認識し関係者全員に分かりやすく伝えることだが、この運営重点は正にフレームワークの枠組みである。重点項目は3つに、推進項目も最大5つに絞っているので頭に入りやすい上、安全安心な地域社会の確立のため必須の項目が全て入っていると思う。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「警察庁長官の話にもあったが、“安全・安心を実感できる「いばらき」の確立”のため、このとおり進めてほしい。県民に対してもよく広報してほしい。」旨の意見が出された。

以上の審議を踏まえ、原案どおり了承された。

交通信号機の新設及び廃止(案)について

交通部長から、交通信号機の新設及び廃止(案)について説明があった。

委員から、「予算の問題もあると思うが、必要な場所に順次設置してほしい。信号機をエリアで管制している場所では、1箇所だけ信号のサイクルを変えるなどの要望に応えることは難しいと聞いたが、そのことを知らない県民も多いので、十分に説明して周知してほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「廃止する場所については、事故防止のためきちっと広報する必要がある。」旨の意見が出された。

以上の審議を踏まえ、原案どおり了承された。

このページのトップへ戻る

報告事項

生活安全部関係事件について

生活安全部長から、FX運用の配当名下に係る金融商品取引法(無登録営業)違反事件の検挙(神栖署、鹿嶋署、生活環境課)について報告があった。

委員から、「無登録営業での検挙ということだが、詐欺としても立件するのか。」旨の質問があり、生活安全部長から、「詐欺の立件に向けて捜査している。」旨の説明があった。

刑事部関係事件について

刑事部長から、刑事部関係事件の発生及び検挙について報告があった。

【発生】

  • 牛久市柏田町地内における強盗未遂事件(牛久署)

【検挙】

  • 鹿嶋市宮中地内における強盗事件(鹿嶋署)
  • ニセ電話詐欺事件・受け子役被疑者の逮捕(ひたちなか署・ニセ電話詐欺対策室)
  • ニセ電話詐欺関連窃盗(詐欺盗)事件被疑者の逮捕(高萩署・ニセ電話詐欺対策室)
  • 消防吏員による詐欺(携帯電話の不正取得)事件(竜ケ崎署・ニセ電話詐欺対策室)

委員から、「多くの事件を検挙したことはよかった。牛久の事件も早期検挙をお願いしたい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「鹿嶋の強盗事件は、個人で設置した防犯カメラの画像により被疑者逮捕につながったことはよかった。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「店舗等に設置の防犯カメラは、警察の指導により画像が鮮明なものが増えてきたと思うが、まだ解像度が低いものもあるので更に指導してほしい。」旨の意見が出された。

行事等
平成29年度国際テロ対策茨城三港合同訓練の実施について

警備部長から、11月30日の国際テロ対策茨城三港合同訓練の実施について報告があった。

委員から、「オリンピックを控えており、海岸線を含めて水際における対処能力の向上に努めてほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「関係機関等との連携を深めてほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「国際クルーズ船等の大型船の入港について県で検討していると聞いており、多くの人間が県内に上陸してくると思われるので、対策をお願いしたい。」旨の意見が出された。

このページのトップへ戻る

その他の報告・決裁等

警察本部担当者

総務課長、警務課総括理事官、県民安心センター長

報告・決裁等の概要
公安委員会あて苦情の受理について

総務課から、公安委員会あて苦情の受理について報告があり、決裁した。

犯罪被害者等給付金(重傷病給付金・障害給付金)の支給裁定について

警務課から、犯罪被害者等給付金(重傷病給付金・障害給付金)の支給裁定について報告があり、決裁した。

平成29年10月中における行政文書開示請求の受理及び開示状況について

県民安心センターから、10月中における行政文書開示請求の受理及び開示状況について報告があり、決裁した。

審査請求書の受理について

県民安心センターから、行政文書不開示決定署分に対する審査請求書の受理について報告があり、決裁した。

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550 茨城県水戸市笠原町978-6 連絡先:029-301-0110(代表)

  • 委員長・委員のプロフィール
  • 茨城県運営重点
  • 国家公安委員会