強行犯捜査員画像

強行犯捜査

被害者の無念を晴らしたい。その一心で仕事に取り組んでいます。

私は現在、水戸警察署刑事第一課強行犯係で勤務しています。

刑事第一課は、殺人、強盗、放火、強姦などの凶悪犯罪を主として様々な犯罪を捜査する部門であり、私は、事件の大小に関わらず、常に全力で被害者のために仕事に取り組んでいます。

水戸市のように繁華街を抱える地区では、農村部に比べると強姦や強制わいせつなどの「性犯罪」が多く発生する傾向があります。性犯罪は「心の殺人」と呼ばれるとおり、女性の尊厳を踏みにじり、心に大きな傷を残す凶悪な犯罪です。被害に遭った女性は、悲しみや羞恥心を抱えながらも、勇気を出して警察に助けを求めてくるのです。

私たち水戸警察署刑事第一課では、被害者の無念を晴らすために一丸となって捜査に従事し、犯人を検挙します。防犯カメラに記録された映像を徹底的に洗い出すなどして対象者を絞り込み、連日連夜の張込み捜査によって対象者の行動を確認し、犯人を特定して検挙するのです。

今年も、粘り強い捜査によって性犯罪の犯人を検挙することができました。

そして、被害女性に犯人を検挙したことを伝えると、女性は涙を流しながら「ありがとうございました。」とお礼を伝えてくれたのです。

その言葉を聞き、私は、犯人を検挙したという達成感以上に、「被害者の心の痛みを少しでも和らげることができた」ことに誇りを感じ、警察官としての使命感を強く実感しました。

犯人制圧無線通話

私が警察官を目指したきっかけは、刑事ドラマを見て、刑事さんの格好いい姿、熱い魂に憧れたからです。そして、警察官になった今でも「被害者のために犯人を絶対に捕まえてやる」という強い決意に変化はありません。

私は、これからも常に被害者のことを第一に考える刑事でありたいと考えています。

強行捜査員イメージ

水戸警察署刑事第一課強行犯係

巡査部長

平成21年採用

学生の皆さんにメッセージ

私は刑事部門に所属していますが、警察官の仕事はどの部門でも辛いことや大変なことがあります。凶悪事件や大きな災害が発生すれば、警察官として部門を問わず、全力で県民のために仕事をするのです。

そのため、犯人を捕まえて被害者が救われたときや、災害の被災者を救助することができたときには、とても嬉しく、また誇らしい気持ちになります。

警察官は、本当にやりがいのある仕事です。

私は、多くの職業の中から「警察官」を選んで本当に良かったと実感しています。

皆さんとともに仕事ができる日を楽しみにしています。


仕事の紹介

  • 地域
  • 生活安全
  • 刑事
  • はじめに
  • 強行犯捜査
  • 鑑識
  • 交通
  • 警備
  • 警務
  • 警察職員

職員採用に関する問い合わせ

茨城県警察本部警務部警務課

TEL:0120-314058

(平日8:30-17:15受付)

女性警察官の仕事

警察官採用MOVIE映像で見る茨城県警察

マイナビ

リクナビ

警察学校

get adobe reader

※ PDF形式のファイルをご覧いただくには、Adobe社から無償提供されている「Adobe Reader」プラグインが必要です。