つくば中央警察署からのお知らせ

災害対策だより(6月号)

5段階「避難情報」の運用が開始されます

内閣府は、洪水や土砂災害発生時に市町村が発表する避難情報を5段階に分け、住民に分かりやすく発信することを盛り込んだ「避難勧告等に関するガイドライン」を公表し、令和元年6月頃の出水期から運用を開始する予定です。

これまで「避難勧告と避難指示の違いが分からない」などの声もありましたが運用が開始されれば、警戒レベル4から全員避難の対象となります。

「危険を感じたら避難しよう」とか「自分だけは大丈夫」などと安易に判断せず、気持ちに余裕をもった早めの避難を心掛けましょう。

避難する際に注意することは?
  1. 災害危険箇所に注意して避難しましょう!
    冠水しやすい道路であったり、土砂災害の危険性がある急傾斜地だったり、避難している間も注意が必要です。
    普段から自治体が作成しているハザードマップを活用して、避難所の場所や災害危険箇所を把握しておきましょう。
  2. 持っていく物は事前に準備しておきましょう!
    避難勧告などが発表されてから、荷造りを始めていては、避難するタイミングを逸してしまいます。
    大雨などの自然災害では、避難勧告等に至るまでに、気象注意報や気象警報が発表されていたり、避難準備や高齢者等避難開始情報が発表されていることがあります。
    焦って避難することがないよう、このような情報が発表された際には避難所に持って行く荷物の準備をはじめましょう。
  3. 避難する際は、冠水した道路に注意
    濁った水で冠水した場所を歩くときは、水中にある障害物や浮遊物などに注意が必要です。これらは怪我の原因になるほか、傷口から菌が入れば、感染症の発症リスクも増大します。
    避難所に避難する際は、サンダルなどではなく運動靴を履き、足を守りながら避難しましょう。長靴の場合、中に水が入ると非常に重くなり、水も抜きにくいので、状況に応じて使い分けましょう。
  4. 冠水した道路は、車の走行にも注意!
    冠水箇所に勢いよく進入してしまうと、衝撃でバンパーが破損したりすることがあります。また、エンジンルームやマフラーから浸水すると車が動かなくなってしまう場合があります。
    さらに、冠水箇所通過後はブレーキ部分に水が溜まって制動力が一時的に低下する場合があります。そうなったら、無理に速度を上げずに、ポンピングレーキ等により制動力を回復させましょう。

このページのトップへ戻る

谷田部交番通信(6月号)

運転手はこまめなライトの上下切り替えを
ドライバーの皆さん

夜間、原付以上の車両が歩行者をはねる交通死亡事故(10件)のすべてで、車両のライトは下向きであり、4割はライト上向きならば交通事故を回避できた可能性があります。
歩行者等を早く発見するために、対向車・先行車がいないときは上向きで走行してください。
また、ライトの特性(照射距離が左側に比べ右側が短い)を踏まえ、右からの歩行者には特に注意してください。

  • ライトの照射距離
    • 下向きライトの照射距離は約40メートル
    • 上向きライトの照射距離は約100メートル
歩行者の皆さん

夕方から夜間に出かける際は、反射材等を必ず身につけ、ドライバーに自分の存在をアピールしてください。

農耕用・建設重機の盗難が多発
被害車両の特徴

最近の自動車盗難被害は、ユニック車、トラック、トラクターなどの農耕用、工事用車両の被害が目立っています。
特に発生場所としては、資材置き場や工事現場、畑地など、夜間人通りが少ない。

被害場所の特徴

門扉のない工事現場や夜間に人通りの少ない畑等出入りの自由場所での被害が目立ちます。
夜間に資材置き場や工事現場、畑地などで建設重機やトラクターなどをトラックに積み込んでいるところを見かけたときには110番通報をしてください。

空き巣窃盗被害多発中

5月15日現在37件の住居侵入窃盗被害が発生しています。
特に、谷田部地域、豊里地域に被害が多発しています。
被害に遭わないために下記の防犯対策をお願いします。

  • 短時間の外出はもとより、就寝時にも必ず戸締まりをしてください。
  • 大きな音を発する警報器等を取り付けましょう。
  • 駐車場に防犯カメラやセンサー式ライトなどを設置しましょう。
少年の非行防止

茨城県青少年の健全育成等に関する条例では、保護者は、特別の事情がある場合を除き、青少年を午後11時から午前4時まで外出させないよう努めなければならないとされています。夜間、子供が出歩くことは大変危険です。深夜の外出を許さないようにしましょう。
また、スマートフォンを始めとするインターネット端末を使って有害情報に接触する危険性が増し、インターネットを利用した性犯罪等の被害に遭う恐れもあります。
こうした被害を未然に防ぐため、親子で話し合いインターネットの危険性を理解させた上で、フィルタリングを利用しましょう。

災害対策だより(6月号)

このページのトップへ戻る

交通事故発生箇所マップ

つくば中央警察署管内の交通死亡事故発生箇所マップです。
過去3年間の発生状況ですが、死亡者数については、平成28年は4件、平成29年は10件、平成30年は7件となっています。
過去3年の人身事故件数、負傷者数ともに減少傾向となっています。

このページのトップへ戻る

ニセ電話詐欺に注意

ニセ電話詐欺にご注意を
  • 「コンビニでサイトの未納料金払え」は全て詐欺
  • 「キャッシュカードを預かる」は全て詐欺
  • 「『携帯電話番号が変わった』等と電話し、お金を要求する息子や孫」は全て詐欺
お金を払う前にまず相談を

警察相談専用電話#(シャープ)9110に相談をお願います。

チラシ
架空請求に注意
架空請求に注意
(PDF形式 484KB)
オレオレ詐欺に注意
オレオレ詐欺に注意
(PDF形式 545KB)
関連情報

このページのトップへ戻る

巡回連絡にご協力を

巡回連絡とは

巡回連絡とは、交番や駐在所に勤務する地域警察官が担当する地域の家庭、事業所等を訪問し、犯罪の予防、災害・事故の防止等、住民の安全で平穏な生活を確保するための必要な事項の指導・連絡や住民からの意見・要望等の聴取を行なっているものです。

巡回連絡にご協力ください

つくば中央警察署では、警察から事件・事故等の情報提供や防犯指導の助言を直接行うため、巡回連絡活動を強化しておりますのでご協力をお願いします。
担当警察官が県民の皆さんのご家庭に訪問した際、不在の際は連絡事項などを記載した
パトロールカード(PDF474KB)
をお配りしています。

連絡カードについて

巡回連絡では、皆さんのご協力をいただきまして、「連絡カード」を作成しています。
連絡カードは事件・事故や災害発生時における緊急連絡先として活用させて頂きます。

例えば、

  • 身内が何らかの事故や犯罪に巻き込まれた
  • 地震等の災害が発生した場合、連絡等が必要

など緊急の場合、家族など関係者への連絡のために使用するものです。

「連絡カード」は、他人に見せたり教えたりすることはありませんので、「連絡カード」作成にご協力をお願い致します。

関連情報

このページのトップへ戻る

来署される方へのお願い

駐車場が狭いため、来署される方には大変御迷惑をおかけしております。
来署の際は、公共交通機関等のご利用をお願い致します。

警察署での落とし物の受け取りについて

受付時間

平日の午前8時30分から午後5時15分まで
(※) 次に掲げる日は、取り扱っていませんのでご注意ください。

  • 土曜日及び日曜日
  • 国民の祝日に関する法律に規定する休日
  • 12月29日から翌年の1月3日までの間
受け取る際に必要なもの
  • 身分証明書(運転免許証や学生証、在留カードなど)
  • 印鑑(ゴム印を除く)

(※) 落とし物や忘れ物の保管期間は3か月です。

問い合わせ先

つくば中央警察署会計課
電話 029-851-0110(内線232、233)

このページのトップへ戻る

国外免許の即日交付について 〜つくば中央署でも即日交付が可能に〜

玄関で受付時間を確認している様子

県内で国外免許の即日交付が受けられるのは、免許センターとつくば中央警察署の2ヶ所です。

受付時間(平日のみ)

午前8時30分〜午後4時30分
(※) 国民の祝日、土曜、日曜、年末年始の休日は行っておりません。

用意するもの
  • 免許証
  • パスポート等外国に渡航することを証明する書類
  • 写真(5×4センチ)1枚 6ヶ月以内に撮影されたもので、無帽・正面・上三分身・無背景で鮮明なもの、裏面に氏名記入のこと。
    なお、つくば中央地区交通安全協会でも、1枚800円で撮影が可能です。
  • 手数料 2,350円
  • 免許証の記載事項変更のある方
    本籍・氏名・生年月日いずれかに変更のある方は本籍の記載がある住民票の写し(住所のみの変更の方は、住所が証明できるものでも可)
  • 以前に国外免許交付を受けたことがある人は前回の国外免許を持参のこと。
  • 運転免許の有効期間が一年に満たない方は期間前更新手続きが必要となる場合があります。

(※)申請時に、外国籍の方は、外国人登録証明書、在留カード、特別永住者証明書等のいずれかを確認させていただきます。

問い合わせ先

つくば中央警察署免許係
電話 029-851-0110(内線432)

免許窓口写真

このページのトップへ戻る

免許証更新時の講習時間について

つくば中央警察署では、免許証更新時の講習時間について下記のとおり運用しております。

即日交付(受付した日に免許証が交付されます。)

優良運転者(講習時間 30分)

午前午後の別 受付時間 講習時間
午前 午前8時30分〜午前10時 午前8時50分〜午前9時20分
午前9時30分〜午前10時
午前10時10分〜午前10時40分
午後 午後1時〜午後2時30分 午後1時20分〜午後1時50分
午後2時〜午後2時30分
午後2時40分〜午後3時10分

受付終了後、受付順にいずれかの回の講習受講となります。

準優良運転者(講習時間 60分)

午前午後の別 受付時間 講習時間
午前 午前10時〜午前10時40分 午前10時50分〜午前11時50分
午後 午後2時30分〜午後3時10分 午後3時20分〜午後4時20分
後日交付(講習終了後、講習会場で免許証が交付されます。)

通常・初回更新運転者(講習時間 120分)

午前午後の別 受付時間
午前 午前8時30分〜午前11時
午後 午後1時〜午後4時30分

受付終了後、受付順にいずれかの回の講習受講となります。

講習区分の判明しない方
午前午後の別 受付時間
午前 午前9時30分〜午前10時
午後 午後2時〜午後2時30分

このページのトップへ戻る