ここから本文です。

更新日:2016年12月26日

【ロボット実証】低コスト水中ロボットの静水中実証試験(H28.12.1)

空間知能化_カメラ

 以下のとおり,実証試験を実施しました。

 

 透明度が高くない淡水中での映像品質,新たに搭載したセンサー類の性能を検証するため,茨城県笠間市内の飯田ダムで試験を行いました。

 

 ダム湖の中でも濁りのない水域にある取水口の映像は,鮮明に捉えることができましたが,濁りのある水域では想定よりも映像品質が落ちることが確認できました。

 

 

空間知能化_全体

 なお,新たに搭載した深度計と姿勢制御センサは,大きなずれはないことがわかりました。微調整を行い,今後の試験での精度向上を目指します。

 

※当日の天候は薄曇りだったため,強い逆光下での画像確認等は後日実施いたします。

 

 

実証試験の概要

実証試験実施者

株式会社空間知能化研究所(本社:つくば市天王台)

ロボットの概要

 空間知能化_機体

(写真提供:株式会社空間知能化研究所)

  • 水中で2ノットの速度で運航し,圧力下で使用可能なカメラで水中の画像を撮影することができる遠隔無人探査機(ROV)です。
  • ダイバーが対応することが難しくなる40m以深の水中調査への低コストでの導入を目指しています。

実施の詳細

日時

平成28年12月1日(木曜日)

場所

飯田ダム(笠間市飯田)

内容

  • ダムにおいて,水中映像撮影を行い,画像の品質の確認と新たに搭載したセンサ類の精度の検証を行いました。

お問い合わせ

実証試験内容,ロボット本体について

株式会社空間知能化研究所(外部サイトへリンク)(担当:吉賀)

電話番号:029-846-5533

事業について

企画部科学技術振興課研究開発推進グループ(担当:廣瀬,市岡)

電話番号:029-301-2532

このページに関するお問い合わせ

政策企画部科学技術振興課研究開発推進

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2532

FAX番号:029-301-2498

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?