ここから本文です。

更新日:2016年11月30日

【ロボット実証】ロボット飛行船の自動飛行実証試験(H28.10.25)

以下のとおり,ロボット実証試験を実施しました。

実証試験の概要

 ロボット飛行船組立 ロボット飛行船飛行

  • 公園の周囲300m×300m,高度150m以内の範囲において,ロボット飛行船をリモコン操作及および自動で飛行させました。プログラミングされた飛行航路を航行できること,姿勢制御の性能などが確認できました。また悪天候などのさまざまな環境条件下での飛行について,課題が見つかりました。
  • 飛行船に搭載したカメラからの映像を地上で受信し,ゴーグルによってモニタリングおよび操縦を行う機能の試験は未実施のため,今後実施する予定です。

実証試験実施者

有限会社アストロン(本社:鹿嶋市青塚)

ロボットの概要

 アストロン機体

(写真提供:有限会社アストロン)

  • ヘリウムガスを使って長時間滞空することができる自律航行型ロボット飛行船です。無線LANによってフライトコントロールシステムからのデータを地上へ送信し,リモートコントロール飛行または自律制御飛行をすることができます。
  • 長時間飛行を活かし,上空からの警備や捜索,インフラやプラントの点検,電波中継や配信など,多方面での活用を目指しています。

実施の詳細

日時

平成28年10月25日(火曜日)

場所

常陸大宮市御前山ダム公園

(常陸大宮市上伊勢畑)

内容

  • ロボット飛行船の自動飛行実証試験を行いました。

お問い合わせ

実証試験内容,ロボット本体について

有限会社アストロン(外部サイトへリンク)(担当:堀井)
 電話番号 0299-69-7786

事業について

企画部科学技術振興課研究開発推進グループ(担当:廣瀬,市岡)

電話番号:029-301-2532

 

このページに関するお問い合わせ

政策企画部科学技術振興課研究開発推進

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2532

FAX番号:029-301-2498

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?