ホーム > 茨城を創る > 科学技術・研究開発 > ロボットイノベーション戦略 > 「平成28年度いばらきロボット実証試験・実用化支援事業」ロボット実証試験の実施について > 【ロボット実証】ドローンによる作物の生育状態・品質と生育環境見える化実証実験(H28.11.16)

ここから本文です。

更新日:2016年11月30日

【ロボット実証】ドローンによる作物の生育状態・品質と生育環境見える化実証実験(H28.11.16)

以下のとおり,ロボット実証試験を実施しました。

AE_01 AE_02

  •  実証実験では、地上測定とドローンによる空中計測を行いました。

 地上では、まず、高精度GPSでレタス畑の周囲に設置した8枚のマーカーの位置情報(緯度・経度)を測定しました。次に、葉緑素計でレタスの旨み成分、フィードスペックで波長別のレスタによる反射光の強さ、高精度GPSで計測対象のレタスの位置情報をそれぞれ計測しました。その後、ドローンを飛ばして、20m上空からマルチバンドカメラ、通常のデジタルカメラで空撮を行いました。

実証試験の概要

実証試験実施者

アカデミックエクスプレス株式会社(本社:つくば市千現)

ロボットの概要

ドローン(アカデミックエクスプレス)

(写真提供:アカデミックエクスプレス株式会社)

  • オーダーメイド設計のドローンです。オートパイロット機能があり飛行ルートの設定ができるほか,ユーザが希望するセンサー等の搭載も可能です。

実施の詳細

日時

平成28年11月16 日(水曜日)午前10時から午後4時まで

場所

結城市内のレタス畑

◇実証試験では,JA北つくば西部営農経済センター(外部サイトへリンク)(結城市大木1902-2)のご協力をいただきました。ご協力ありがとうございました。

内容

  • 地上から計測したデータとドローンを使って計測したデータを使って,圃場および作物の生育状態の見える化を図ります。

(1)まず,地上でフィールドスコープおよび葉緑素計を用いて,圃場のスペクトル特性および作物の生育状態を計測します。

(2)次に,ドローンにマルチスペクトルカメラを搭載し,圃場を空撮します。

(3)(1),(2)のデータを使って解析を行います。

※後日,ウェアラブルグラスを使用して,計測結果を閲覧できるソフトも試作する予定です。

お問い合わせ

実証試験内容,ロボット本体について

アカデミックエクスプレス株式会社(担当:田(デン))

電話番号:029-828-7390

事業について

企画部科学技術振興課研究開発推進グループ(担当:廣瀬,市岡)

電話番号:029-301-2532

 

このページに関するお問い合わせ

政策企画部科学技術振興課研究開発推進

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2532

FAX番号:029-301-2498

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?