ここから本文です。

更新日:2017年4月13日

【ロボット実証】無人航空機のパラシュート短距離離陸試験(H29.1.12~H29.3.4 うち6日間)

以下のとおり,ロボット実証試験を実施しました。


平成29年1月12日(木曜日)

  • パラシュートの自動開傘における機体の制御方法を改良するために必要なデータの収集を目的として,パラシュートの開傘模擬実験を行いました。
  • 今回はパラシュートを開かずに,パラシュートの開傘を模擬した飛行を行いました。
  • 新しい制御ソフトの製作に必要なデータの収集を行うことができました。

 フジ_実証試験170112_1 フジ_実証試験170112_2

平成29年1月17日(火曜日)

  • パラシュートを取り付けた無人航空機を,地面に敷設したレールの上で滑走させて,短距離で離陸させる実験を行いました。
  • パラシュートを支える補助器具の完成前であるため,離陸時に補助員2名がパラシュートを棒で保持しながら,離陸を行いました。
  • 風速毎秒2メートルの向かい風の状況下において,約13メートルの滑走距離で離陸させることに成功しました。

  試験の様子_フジ1 試験の様子_フジ2

平成29年1月31日(火曜日)

  • 無人航空機のエンジン調整後の飛行テストと,エンジン調整後の機体でのパラシュートによる短距離離陸実験を行いました。
  • パラシュートを取り付けた無人航空機を,地面に敷設したレールの上で滑走させて,短距離で離陸させる実験を行いました。
  • パラシュートを支える補助器具の完成前であるため,離陸時に補助員2名がパラシュートを棒で保持しながら,離陸させることに成功しました。

 試験の様子_フジ0131-1 試験の様子_フジ0131-2

平成29年2月14日(火曜日)~15日(水曜日)

  • 改良を行った新しい制御ソフトウェアによる飛行テストと,エンジン調整を行いました。
  • ラジコン操作で離陸後,自動飛行に切替えて,上空でパラシュートが自動で開傘できるか,動作テストを行いました。
  • 上空と地上の風がほとんどない状況下で,パラシュートを上空で自動で開傘することが確認できました。その後手動で着陸を行いました。

 試験の様子_フジ021415-1 試験の様子_フジ021415-2

平成29年3月4日(土曜日)

  • 今回の事業で開発した補助器具を使用して,離陸時のパラシュートを保持しながら,短距離で離陸させる実験を行いました。
  • 風速毎秒約1.8メートルの向かい風の状況下において,約10メートルの滑走距離で,無人航空機を離陸させることに成功しました。
  • この補助器具を使用すれば,離陸時にパラシュートを地上で保持する補助員を必要とせずに,短距離で離陸させることが可能であることが実証できました。

試験の様子_フジ0304-1 試験の様子_フジ0304-2

実証試験の概要

実証試験実施者

株式会社フジ・インバック(本社:神奈川県横浜市)

ロボットの概要

  • フジ機体2Wフジ・インバック株式会社が製造している固定翼式の中型無人航空機です。
  • 固定翼式無人航空機の短距離発進において,従来のカタパルト(射出装置)ではなく,パラシュートを用いることで,低コスト化,軽量化および発進準備作業の簡素化を図りました。また,着陸時にもパラシュートにより,短距離で安定して着陸することができます。
  • 無人航空機は,飛行中,機体に搭載されたコンピューターによって自動制御されています。
  • 災害時における上空からの被害状況の確認をはじめ,救援活動に必要な物品の運搬,火山や大気等の観測等の場面での使用を想定しています。

全長:2,480mm 全高:660mm 全幅:2,925mm

(写真提供:株式会社フジ・インバック)

実施の詳細

日時/場所

平成29年1月12日(木曜日)/ 竜ヶ崎飛行場(竜ヶ崎市半田町3177)

平成29年1月17日(火曜日)/ 大利根飛行場(稲敷郡河内町大徳鍋子新田897)

平成29年1月31日(火曜日)/ 大利根飛行場(稲敷郡河内町大徳鍋子新田897)

平成29年2月14日(火曜日)~15日(水曜日)/ 鹿嶋市UAV飛行場(鹿嶋市津賀2024)

平成29年3月4日(土曜日)/ 鹿嶋市UAV飛行場(鹿嶋市津賀2024)

内容

(平成29年1月12日)

◇ パラシュート開傘模擬試験

(平成29年1月17日)

◇ パラシュート短距離離陸予備実験

(平成29年1月31日)

◇ エンジン調整後の飛行テスト

◇ パラシュート短距離離陸予備実験

(平成29年2月14~15日)

◇ 改良後のソフトウェアによる飛行テスト

◇ 上空でのパラシュート開傘実験

(平成29年3月4日)

◇ パラシュート保持器具を用いた短距離離陸試験

お問い合わせ

実証試験内容,ロボット本体について

株式会社フジ・インバック(外部サイトへリンク)(担当:本田)

電話番号:045-755-2261

事業について

企画部科学技術振興課研究開発推進グループ(担当:廣瀬,市岡)

電話番号:029-301-2532

このページに関するお問い合わせ

政策企画部科学技術振興課研究開発推進

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2532

FAX番号:029-301-2498

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?