ホーム > 茨城を創る > 科学技術・研究開発 > ロボットイノベーション戦略 > 「平成28年度いばらきロボット実証試験・実用化支援事業」ロボット実証試験の実施について > 【ロボット実証】産業用ドローンを活用した3次元データ計測システムの実証試験(第2回目/H29.2.13)

ここから本文です。

更新日:2017年3月8日

【ロボット実証】産業用ドローンを活用した3次元データ計測システムの実証試験(第2回目/H29.2.13)

以下のとおり,実証試験を行いました。


  • 高度10メートル,面積100平方メートル相当のエリアにおいて,計測データの取得を目的とする飛行試験を行いました。
  • 定量的なスケール計測が正確に行われているか検証するため,既に寸法の分かっているサンプルを対象物として設置し,計測を行いました。
  • 高度5m位置と,高度10m位置において,左右方向を変えた合計4パターンのフライトを行い,計測データを取得しました。
  • 飛行後にデータの確認と解析を行って,計測データから3次元に復元するデータの生成を行い,精度の評価を行いました。

実証試験の様子1 実証試験の様子2

実証試験の概要

実証試験実施者

株式会社アプライド・ビジョン・システムズ(本社:つくば市梅園)

ロボットの概要

  • 機体定量的な3次元計測を可能とするステレオカメラ,レーザースキャナ,姿勢センサを搭載した3次元計測用ドローンです。
  • ドローンが撮影したデータを結合処理することにより,局所的な範囲の3次元計測だけでなく,広範囲な3次元形状計測が高精度で実現できます。
  • 点検や調査などさまざまな場面で活用できる汎用性の高いシステムです。
  • 従来の3次元測量に比べて,人件費等のコストが削減できます。

(写真提供:株式会社アプライド・ビジョン・システムズ)

実施の詳細

日時

平成29年2月13日(月曜日)

場所

物流飛行ロボットつくば研究所(JUIDA試験飛行場)

(つくば市和台17-5)

内容

 評価用データ取得

お問い合わせ

実証試験内容,ロボット本体について

事業について

企画部科学技術振興課研究開発推進グループ(担当:廣瀬,市岡)

電話番号:029-301-2532

このページに関するお問い合わせ

政策企画部科学技術振興課研究開発推進

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2532

FAX番号:029-301-2498

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?