ホーム > 茨城を創る > 科学技術・研究開発 > ロボットイノベーション戦略 > ロボット技術利用研究会(医療・介護分野)

ここから本文です。

更新日:2018年2月28日

茨城県ロボット技術利用研究会(医療・介護分野)

 県では、平成28年3月に策定した「ロボットイノベーション戦略」に基づき、分野別のロボット技術利用研究会として、人手不足や労働環境の改善が課題となっている医療・介護分野において、ロボット技術の利用推進をはかるために研究会を開催し、技術利用・普及に向けた取り組みを行っています。

第2回開催結果

 平成30年2月27日、水戸市にある特別老人ホームアクティブハートさかどを会場に、医療・介護ロボット技術利用研究会を開催しました(参加者10名)

 

  • (株)アルコ・イーエックスが開発した3つの製品について実演を行いました。

   1.病床見守りシステム「ペイシェントウォッチャー」

   2.来訪者受付システム「レコ楽くん」

   3.機能性ネームプレート「ライティングトリアージ」 

  •  事業者は、現場に従事する職員だからこその基調な意見を聞くことができ、製品の普及性を確認するとともに、新たな商品開発のアイディアも得ることができました。
  •  県では引き続き、ユーザー、メーカーによる研究会を開催し、実用性の高いロボット等の開発を支援していきます。

第1回開催結果

 平成29年8月29日、水戸市にある茨城県総合福祉会館を会場に、医療・介護分野ロボット技術利用研究会を開催しました。(参加者約100名)

  • 県内の企業等7社がロボット等の次世代技術を活用して開発した機器10種を、県内の高齢者福祉施設の施設長等に紹介し、試していただきました。
  • 参加者は利用者の立場からの感想を企業の担当者に伝え、実用化や現場への導入・普及に向けた意見交換を活発に行いました。
  • 県では、引き続き研究会活動を行い、ロボット技術の実用化に向け、支援を行っていく予定です。

(写真は研究会の様子)

ロボット研究会_介護1回目_1 ロボット研究会_介護1回目_2 ロボット研究会_介護1回目_3

茨城県ロボット技術利用研究会(医療・介護分野)に関するお問い合わせ

産業戦略部 技術振興局 科学技術振興課 研究開発推進グループ (担当:石川,若林)

電話番号:029-301-2499

このページに関するお問い合わせ

産業戦略部科学技術振興課研究開発推進

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2499

FAX番号:029-301-2498

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?